RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 誰も敗北していなかった、昭和。 | main | 我は北国の林静一、えっ? >>
我ら日本のロックのイシズエなり
0

    2月4日   曇り   起床7時半

     

    朝食     豚生姜焼き&白菜

           玄米トースト

           牛乳

     

    昨夜はNFLスパーボウルの決勝を再放送で観戦。

    ルールは分からないが面白かった。

    勝ったのはカンサスシティー・チーフス。

     

    インタビューの最後。

    MVPに輝いたクオーターバックのマホームズが叫んだ。

    「カンサスシティのみんな!勝ったぜ!」

     

    これですよ、これ。

    東京一極集中なんて、役人の思うがままでしょうが。

    未だに東京以外を「地方」なんて呼んでる馬鹿な国。

    でも、バスケとかサッカーとかはマトモです。

    野球はアキマヘン。

     

    1970年代の初め頃。

    僕等小松人は、アメリカに夢中だった。

    ウッドストック、アメリカンバンド、黒人の公民権運動、

    ベトナム戦、ヒッピーの出現、アシッド、マリファナ、

    等々。

     

    夢中になる材料に事欠かなかった訳で。

    然るに東京は、若者文化に対して、遅れに遅れていた。

    パルコの向かいにケンタッキーがオープンしたのも、か

    なり遅かった。

     

    だいたい東京は、ジーンズが主流じゃなかった。

    ものギレイな、アイビー・ファツション花盛りだった。

     

    渋谷は三流私大生の溜まり場。

    怖くて新宿で酒を飲めない、中途半端な学生達のスズ喰

    う街だった。まあ、今もそうかもね。

     

    僕等が東京で買い物に行った店は唯一軒。

    原宿・竹下通りにあった「HARADA`s」だった。

     

    ここにはメンネルのシャツが置いてあった。

    この店だけが、米国アウトドアー・ファッションの店だっ

    た。因みに、当時の竹下通りはとても静かで、格調があっ

    た。

     

    70年代初頭、東京のロック系は、六本木的ブリテッシュ

    ファツションが幅を利かせた。オシャレかも知れないが、

    シリアスさゼロの「エ・セ・ブ・リ」だった。

    まあ、ひと言で云えば、芸能人的ね。

     

    文芸評論家の福田和也氏は「その時代が、東京が一番冴え

    なかった時代ですよ」なんておっしゃったが。

     

    東京は遅れてはいたが、とてもいい街だった。

    僕は詞を書くとき、川崎新丸子から東横線で自由が丘によ

    く通った。

     

    自由が丘もまた静かな、ヨーロッパ的な、落ち着いた街だ

    った。

    1週間に一度は妻と六本木に遊んだ。夜の街を散策し、夕

    食は当時珍しかったピザを喰った。

     

    昼なら、「パブ・カーディナル」でコーヒーとケーキ。

    出会った某女性ロック評論家は、そのことを雑誌に書いた。

     

    「パブ・カーディナルにめんたんぴんがいた。驚いてし

     まった」

     

    おいおい。

    東京人は田舎者の実態を知らない。

     

    当時、柴田徹は青山通りに近い高級アパートにいた。

    彼は慶応大学出であり、学生の頃は界隈のジャズ喫茶に入

    り浸った。

     

    サブもまた六本木で店を一軒任されていた。

    彼は青山学院出身。

     

    飛田一男は高校が明大中野。

    そこから明治大に進んだ。

     

    池田洋一郎は関西の大学に通い、京都丹波橋のマンション

    にいた。僕はしょっちゅう遊びに行き、泊まり込んだ。

     

    田舎者は僕だけだった。

     

    僕は生来の怠け者、東京に行きたいなんて思わなかった。

    東京にも何処にも興味がなかった。池田の住む京都にたま

    に行ければ十分だった。

     

    ー めんたんぴんは見事に「田舎」と「都会」が混ざり

      合ってるね ー

     

    田舎者の大半は東京か関西の大学出てる。

    東京の人の方が遥かに高卒が多い。

     

    こう云うこと、東京人は知らない。

     

    ワンステップのCDがバラになって売っている。

    確かあの時、飛田一男はいなかったと思う。

    僕等はデビュー前。いや、デビューできるなんて思っ

    てもいなかったが。

     

    無茶苦茶下手だが、その気になって演奏してる。

    それが良い。

    「モーニング・デュー」なんて、普通はのっけにやら

    ない。

     

    デッドに夢中だ。

    素晴らしい。バンドはこうでなくっちゃ。

    メンバーひとりひとりが目一杯だ。

     

    宿舎に泊まった夜。

    風呂場に岩が積み重なる造形があった。

    男達はそろりそろりと岩を登り、女風呂を覗いた。

     

    先頭の素っ裸の男が云った。

    「ババアばっかしだぜ!」

    あとに続いた僕はガックリした。

    でも、ビックリもした。

    その男はアイ・高野氏だった。

     

    これはもう時効だろう。

    アイ・高野氏は分かっていた。

    そもそもババアしかいないことを。

     

    僕等は面識もないのに共犯者になった。

    彼は「クスッ」と笑った。

    アイさんの後ろに、5・6・人の男達が続いていた。

    スケベ軍団はみな「クスッ」と笑った。

     

    日本のロックミュージシャンは良いなーと思った。

    岩の上で、僕はうれしくなっていた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:02 | comments(0) | - | - | - |