RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我ら日本のロックのイシズエなり | main | 穴を開けろ! >>
我は北国の林静一、えっ?
0

    2月6日    小雪    起床7時半

     

    朝食     クリームシチュー

           玉子巻き

           味噌汁

           ご飯

     

    スーパーボウルのハーフタイム・ショウ。

    ジェニファー・ロペスが乱舞した。

    ロペスの伸びやかな太ももを見て、僕は決心した。

     

     「まともな体にしよう!」

     

    それからは腹筋の真似事をしたり、シャドウボクシング

    をしたり、空手の型を真似たり、体を動かしている。

    まあ、いいんじゃないの、誰に迷惑かける訳じゃなし。

     

    106キロでも、体は快調だからね。

    階段上ったり、歩いたりすれば、ドカンと疲れるけど。

    そりゃ心臓が不調のせいで仕方がない。

     

    間食はやめたし、御菓子類は厳禁してる。

    少しづつマトモになってんじゃないかな。

    酒は飲んでるけど。

     

    願いは温泉。

    温泉に行きたいなー。

    近くの八幡温泉でもいい。

     

    年末からずっと張りつめてるから。
    何を張りつめてるか分かんないが、そう感じる訳で。

    2・3日、ただお湯に浸かりたい。

     

    こう云うの、自分で計画立てるしかない。

    でもなー、競輪あるからなー。

    競輪場に温泉が有れば云うことないけどなー。

     

    レースが終わったら、選手と一緒に湯に浸かるとかね。

     

    「体中、キズだらけやな」

    「そうなんです。落車の数だけキズがあります」

    「楽な商売じゃないなー」

    「はい、楽ではありません、命がけです」

     

    こんなん良いよね。

    生きとし生ける者同士、慰め合い、いたわり合う。

    ほんと、涙出るわ。

     

    習近平とお湯に浸かったら。

     

    「香港の騒動やら、コロナやら、大変やね」

    「分かりますか、私の苦労が!」

    「分かるよ!陰では権力争いもあるやろしな」

    「私の何処が悪いんでしょう?」

    「まあ、云うては何やけど、顔やな」

    「顔?」

    「毛沢東は立派な顔やったけど、あんたはな・・・」

    「人間は顔がすべてですか?!」

    「すべてではないけど、大事やで」

    「クッーーー、無理云わんといてください」

    「すまん、もういらんこと云わんから」

    「私は、私は、すべて忘れたい!」

     

    旧ソビエトの首脳たちは、会議が終わるとすぐにサウナに

    入り酒を酌み交わしたそうな。一緒に裸でいることが互い

    の信頼を高めた。

     

    訪れた諸外国の大統領達もサウナに入った。

    酒に酔った彼らは、互いの金玉の皮を伸ばして遊んだ。

     

    「お前の皮は大平原みたいに拡がるな、プラシーボ!」

    「大統領の皮こそ偉大です!まるでロシアの大地だ!」

    「俺はお前が好きや!」

    「わたくしもです、大統領!」

    「ほな、もっといじっても良い?」

    「なんなりと、お好きなように!」

     

    想像ですから。

    会話は想像だけど、あとは本当らしい。

    なかなか面白い民族やね。

     

    今年初めて雪が降った。
    やっと正月が来たような気がする。

    白い風景は気持ちが改まる。

     

    ロマンチックだ。

    何故か雪道と云うと、女子高生を連想する。

    白い息とマフラー。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:33 | comments(0) | - | - | - |