RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我は北国の林静一、えっ? | main | ウォーム・ライク・ア・イブニング・サン >>
穴を開けろ!
0

    2月10日    小雨    起床7時半

     

    朝食     白菜炒め

           玉子巻き

           青菜の味噌汁

           ご飯

     

    昨日は午前10時より公会堂で、佐々木紀衆院議員に

    よる国政報告会があった。

     

    紀氏は国土交通省政務次官を拝命した。

    彼は日夜の奮闘、努力を報告した。

    以前のアイドル性は影を潜め、話はより具体的になり、

    3期生もいよいよ脂が乗って来た。

     

    紀君一押しの「小松ー白川郷連絡道路」の開通は、小松

    の命運が掛かっていると云っても過言ではない。

     

    藻谷浩介氏によれば、金沢の観光客は一年で800万人

    を超えるが、白川郷はそれ以上の900万人以上が訪れる。

     

    「金沢の一人勝ちは、マスメディアのでっち上げです」

     

    その白川郷に、小松から道路を通そうと云う計画に僕は興

    味がある。そもそも、岐阜と石川を直に結ぶ道はない。

    そうするには大きな壁を越えねばいけない。

     

    白山だ。白山が壁になっている。

    「小松ー白川」では、白山のどてっぱらにトンネルを掘ら

    ねばいけない。これに、白山信仰の人達が反対していると

    聞く。なにせ白山は霊峰ですから。

     

    地図上では、小松と郡上八幡は非常に近い。

    この連絡道が出来れば、小松は一大交通基地になる。

    それもそうだが、僕はそもそも岐阜に行きたい。

    郡上八幡の朝まで踊るイベントに参加したい。

     

    逆に。

     

    岐阜の人達は、日本海に遊びたいんじゃないかな。

    新鮮な魚介料理も喰いたいだろうし。

     

    これはウインウイン。

    どっちにとっても良い話だ。

     

    NHKの朝ドラで岐阜の話をやっていたが。

    小松人がビックリしたのは、同じ方言を使う事。

     

    ー けなるい −

     

    「うらやましいなあ」と云う意味。

    小松から岐阜にこの言葉が行ったとは考えにくい。

    当然、岐阜から小松に伝わったに決まってる。

     

    地理的には近いけど、僕等はほとんど岐阜を知らない。

    岐阜の人達も同じだろう。

    白山のどてっぱらに穴を開けても実現して欲しい。

    これに比べたら、金沢ー大阪を結ぶ新幹線は影が薄く

    なる。費用対効果は問題にならない。

     

    まあ、政治家ではないから好きなこと云ってる。

    僕のような人間は、例え政治家になっても変わらない。

    委員会をサボって競輪場にいるだろう。

     

    そりゃそうだ。

    政治家に品行方正を求めてはいけない。

    トランプ大統領を見れば分かる。

     

    「あいつは所詮商売人だ。金だよ金!

     金で動くんだよ」

     

    こんな事を訳知り顔に云う人は大勢いる。

    チャンチャラオカピーだ。

     

    ー 東欧系の美人モデルを妻にするには金がいる。

      ポルノ女優とも遊びたいし、まわりにいるイイ

      女は全て自分のものにしたい。 −

     

    以上のことを思わない男はこの世にいない。

    いや、まあ、いるかもしれないが、そんな男はどう

    でも良い。

     

    トランプは欲望に忠実だ。

    欲望に向かって一直線だ。

    他人の戯言など聴かない。

     

    それでどこが問題なのか?

    人間は欲望にも自由だ。

    トランプにいちゃもんつけるのは

    負け犬だからだ。

     

    僕の欲望はトランプとは違う。

    だからトランプを何とも思わない。

    いや、少しは思う。少しだけね

     

    ー  けなるい −

     

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:24 | comments(1) | - | - | - |
    白川郷へは高岡から直通バスは何本もあるのに、いまいち利用されていないのです。(高岡は新幹線一人負け状態とやたら叩かれている。溺れた犬はなんとやらで)観光アピールが下手な小松は高岡になりやしないか心配。
    | 粟津 | 2020/02/19 9:54 PM |