RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 穴を開けろ! | main | 人気取りの護憲は憐れだ >>
ウォーム・ライク・ア・イブニング・サン
0

    2月11日    晴れ    起床7時

     

    昼食    自家製弁当

          コーヒー

     

    午後になり、いっそう晴れて来た。

    でも風はキンキンに冷えている。

    日差しは有ってもクソ寒い訳で。

     

    昨晩はバンド練習。

     

    「シャイン・ア・ライト」に取り掛かった。

     

    コード進行は実に簡単。

    C−GーAMーG  F−CーG・F/C・G

    これがAメロ。

    頭のC−Gの「G]はサスフォー。ベースはB

     

    デビューする前に歌詞は覚えたんだけどなー。

    後半の歌詞はすべて忘れていた。

     

    途中、母親の面倒を見るために帰郷したN女史が遊びに

    来た。見学者は大歓迎。女の人ならなおさら。

    早々に切り上げて、みんなで居酒屋へ。

     

    N女史はいける口。

    ベースマンは毎回来てくれても構わないと彼女に告げた。

    やっぱり女気があったほうが良いのかもね。

     

    これまではアコースティツク・ギターで参加してるT君に

    エレキを使用するように頼んだ。T君はテルキャスターを

    持参した。

     

    これ、めんたんぴんと同じ。

    池田洋一郎はフェンダー・ストラト、飛田一男はギブソン

    SG。両者の間を埋めたのが僕のフェンダー・テレキャス

    ターだった。

     

    ジャリジャリした音がないとサウンドになりにくい。

    ストラトは基本的にクリーン・トーン。ギブソンは伸びや

    かな太めの音。

     

    どちらも大きい音なので、テレキャスが無いと音程が取り

    にくかった。ディランや、カントリー系のシンガーのほと

    んどがテレキャスを弾くのは、音程が取りやすいためだと

    思う。テレキャスは他のエレキと音の位相が違う。

     

    今回のバンド練習時。

    アコースティク・ギターを弾いている。

    本当はエレキが良いんだけど、練習ではボーカルに専念し

    たい。

     

    広くカバー曲をやりながら、オリジナルを作るつもりだ。

    その時は、徹底的にサウンドを探る。

     

    ギター弾きは僕を含め4人いる。

    僕はリズムギターの重ね方で、独特なサウンドが作れない

    ものかと考えている。

     

    「まるでミュージシャンみたいだな」

    そう思ったでしょう。

    僕はサウンドやエレキに関心の無い男だと思われてる。

    まあ、そうなんだけどね。

     

    出来れば、温泉で保養しながら、バンド練習したいな。

    みんなで一緒に風呂入って、上がってビール飲んで。

    考えただけで気分がハイになる。

     

    それぐらいの余裕はあるだろう。

    若い頃は余裕なかったなー。

    金なかった。

    今もないけど、もっとなかった。

     

    一日中、バスドラを考えたり、ベースラインを考えたり。

    コードをいじくったり、歌詞を考えたり。

    気になることが一杯あったもんなー。

     

    金の掛からない暮らしだった。

    何かに夢中になれば、金は必要ない。

    「モノ」を買うから金が要る。

     

    大和デパートの紳士服売り場に近ずかなければ。

    或いは、福井競輪場に行かなければ。

     

    でもね、たまには顔を出さないとね。

    体に悪い。

    真面目にしてるとグレるのよ。

    アホですから。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:00 | comments(0) | - | - | - |