RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ウォーム・ライク・ア・イブニング・サン | main | アガサはサーフィンに狂った >>
人気取りの護憲は憐れだ
0

    2月13日    曇り   起床7時

     

    朝食    野菜たっぷりキムチ鍋

          納豆

          玉子巻き

          ご飯

     

    大好きな「カリントウ」や「芋ケンピ」を食べなくなっ

    て久しい。柿ピーもやめたし、アーモンド・チョコもや

    めた。

     

    ラーメン、カツカレー、スパゲティ。

    これらもまた遠い彼方。

    隠れてスープに忍ばせる、二個の丸餅だけが味方。

    憐れな食生活だ。これもみな106キロのせいだ。

     

    でも、ロック・ミュージシャンたるもの、努力を怠っては

    ならない。カッコイイ体形と、カッコいい曲と、カッコい

    いパフォーマンスを、常に心がけねばいけない。

     

    「カリントウ」や「芋ケンピ」を喰うために生まれてきた

    訳じゃない。人前に出る身が、「履けるズボンがなくなり

    ました」では、バチがあたる。

     

    ー 昨日のプライム・ニュース −

     

    普段なら政府関係者か与党しか座らない席に、日本共産党

    の小池晃さんが座った。

     

    問題を提起する席に元防衛大臣二人が座り、ホルムズ海峡

    へ出航した自衛隊艦船の是非について討論した。

     

    中谷元防衛大臣が「憲法に非常事態法を入れないと、コロ

    ナウイルスの件も、今回の自衛隊出動も難しいですね」と

    発言した。

     

    小池さん。

    「そんなことで憲法を変える必要はありません!」 

    中谷さん

    「でも、災害救助時に、市や町の市長さんが亡くなった

     りしたら、命令系統がマヒし自衛隊は動けませんよ」

    小池さん

    「現行の法律で賄えなければ、法律を作ればいい!」 

    中谷さん

    「何が起きるか分からないんですから無理ですよ」

    小池さん

    「いいや!穴を埋める法律を作るんです!憲法いじる

     必要は全くない!」

     

    小池さん

    「自衛隊の船を出すからイラン防衛隊に狙われるんです!」

    中谷さん

    「トランプ大統領は、自国の船は自分で守れといってる。

     日本は独自に日本の船を守るしかないでしょう。丸腰で

     は守れませんよ」

     

    自衛隊員の命より、石油を積んだ日本のタンカーより、遥

    かに日本共産党は「憲法」が大事らしい。

     

    嫌だねー。

    結局、日米安保に頼り切ってるだけじゃん。

     

    米軍は単にプレゼンスだから。

    「日本の後ろに米国はいまっせ」

    それだけだから。

     

    米軍が日本の為に戦うはずがない。

    当たり前でしょう。

    そんなお人好しはこの世にいません。

    日本は米国に付け込まれているだけです。

     

    さて。

     

    先週だけど、リクエストが有って、森田観光と一緒に

    「新幹線の歌」を作った。

     

    ユー・チューブで「新幹線関係の歌」を検索したけど、

    子供用の歌ばっかりだった。これでは参考にならない。

     

    「何故金沢から大阪まで新幹線が必要なのか?」

     

    この命題について二人で話し合うとこから曲作りは始

    めた。

     

    考えれば考えるほど「?」が増えた。

     

    現在大阪ー金沢間は、1時間に一本「サンダーバード

    号」が走っている。

    敦賀ー金沢間はそれに「しらさぎ号」も加わる。

    顧客は何の不自由も感じていない。

     

    でも、このことを歌ったとしても誰も喜ばない。

    それは個人的な意見に過ぎないからだ。

    ならば、何を歌うか?

     

    1週間考えた。

     

    「自分は果たして何をするのか?」に至った。

    もちろん、「何もしない」でもいっこうに構わない。

    「小松に新幹線を」と云いだして、すでに55年が過ぎた。

    云いだした人は、ほとんどが死んでいる。

     

    「先人達は新幹線に何を望んだのだろう?」

    これが僕と森田観光の出した答えだった。

    答えになってないが、何かを提起したとは思う。

     

    曲のタイトルは。

     「ニュー・カントリー・新しい故郷」

    森田君はけっこう気に入ってるみたいだ。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:57 | comments(0) | - | - | - |