RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 人気取りの護憲は憐れだ | main | 森喜朗元総理のこと >>
アガサはサーフィンに狂った
0

    2月17日   小雨   起床7時

     

    朝食    ベーコン・もやし・野菜炒め

          玉子巻き

          納豆

          ご飯

     

    ー 歳を取ると、妙な瞬間がときどき訪れる −

     

    例えばだけど、歯磨きをし終って口をゆすぎ、ふと洗面所

    の鏡に映る自分の顔を見た瞬間、過去の判断が間違いだっ

    たことに気付いたりする。

     

    僕はだいたい一日2個は間違いに気付く。

    その間違いは、かなり重要な間違いであることが多い。

    人生を左右したであろう間違い。

     

    これはあまり良くない兆候だと思う。

    取り返しはつかない。元には戻れない。

    こんな事が続くと、人は自殺したくなるんじゃないか。

     

    取り返しはつかないが、やり直しならできる。

    楽観的になれればどうと云うことは無い。

    「あれっ!」

    なんて思ったり、反省したりは、これからも日々起きるだ

    ろう。それを如何にプラスに転化できるか。

     

    ー アガサ・クリスティ「ナイルに死す」読了 −

     

    この物語の中に、オックスフォード大を出た伯爵の息子が

    チョイ役で出てくる。

    彼は共産主義にかぶれ、自分以外のすべてを否定し悦に入

    っている。

     

    わざと汚れた服を着て、朝から晩まで世の中の人間を罵倒

    し、自分ひとりを正義の使者のごとくに思っている。

     

    ー 人間は何かを信じ込むと、自らを客観できない −

     

    人間の99%は、この共産主義にカブレた若者ではないか。

    理想を振りかざし、「お前たちはすべて馬鹿だ!」と叫び、

    良い気持ちに浸る。

     

    当然だが僕も馬鹿の一員だ。

    何もしないで「日本のリベラル・左翼は大馬鹿だ!」と、

    叫びはしないが、基本的にはそう思っている。

     

    これでは山本太郎に献金するOLを笑う資格はない。

    なけなしの2万円を財布から出し、日本の為にと献金する

    人は美しい。女だからではない。2万円の服を買わず、他

    者の為に身銭を切れる人は美しい。

     

    アガサに戻ろう。

     

    「ナイルに死す」は映画化され「ナイル殺人事件」になっ

    た。僕もテレビでこの映画は2・3度観ている。

    本を半分読んだ時点で、いくら記憶力が悪い僕でも、犯人

    が誰か分かった。

     

    映画なら、エンドロールを見ながら感動を覚ますことが出

    来る。本なら解説を読む。

     

    解説によると、アガサはハワイにも旅行している。

    なんとアガサはハワイで、サーフィンに夢中になったとか。

    作家の好奇心は並外れている。

     

    さて。

     

    僕にできることは何だろう。

    僕の中でわだかまってる欲望とは。

    もう一度考えよう。

     

    いや、何度でも考える。

    「俺に出来ることは?」「俺がやり尽くしたいことは?」

    歳を喰うのは面白い。

    見えなかったものが形を表してくる。

     

    何かが終わると次が見える。

    能力に限界はあるだろうが。

    でも、能力のせいにしたら、何もしなくて良くなる。

    それじゃ割が合わない。変だ。

     

    他人に合わすな!

    そんなこと何の意味もない。

    勝負はこれからだ。

    ソロソロ始めましょうね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:41 | comments(0) | - | - | - |