RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アガサはサーフィンに狂った | main | ホテル・カリフォルニアは今の日本だ >>
森喜朗元総理のこと
0

    2月18日   雨のち晴れ   起床7時

     

    昼食    鰺の煮つけ

          コロッケ

          大根寿司

          ご飯

     

    ー 昨晩の金沢は暴風が吹き荒れた −

     

    午後8時半。

    「ロック入門」が終わり外に出ると、路上には新雪がつ

    もり、ツルンツルンの状態。香林坊のバス停まで必死に

    歩いた。

     

    ー 午後9時8分の特急電車に乗車 −

     

    自販機で紙コップのホット・コーヒーを買う。

    昼間、森田観光君がマッツまで届けてくれた和菓子をつ

    まむ。彼の細やかな気の使いように感心する。

     

    ー 石原慎太郎と森喜朗 −

     

    石原慎太郎は偉大だが、この頃は、森元総理も流石だな

    と思う。

    文芸春秋の森さんの手記を読むと、この二人は以外に似

    てる。好対照だ。

     

    二人とも、自分自身に絶大な自信を持ってる。

    自分の成したこと、持って生まれた才能に、揺らぎがな

    い。そして二人とも体が屈強だ。

     

    ー アイデアの石原、気遣いの森 −

     

    二人とも臆面もなく自身の業績を世間に誇る。

    ここらが好き嫌いの別れるポイントだが。

     

    手記に寄れば、森さんは週に三度透析に通われている。

    いつ組織委員長を辞任されてもおかしくない状態だ。

    加えて、コロナウイルスが森さんの寿命を確実に縮める。

     

     「日本には八百万の神々がいらっしゃる。日本は神

      の国です」

     

    そう信ずる人を、誰が笑える。

     

    ー 国の役に立ちたい。父親のように −

    森さんの父親、旧根上町町長・森茂喜氏は、ソビエトと

    の交流に力を尽くされた。そのことが、プーチンと森喜

    朗との信頼を生んだ。

     

    「ソビエトの人も、日本人も、おんなじ人間だ」

    茂喜氏の言葉。

     

    意外だけど、浅川マキさんは森さんと同級生。

    二人は金沢二水高校出身。

    何度かマキさんに、森さんのことを尋ねたことがある。

     

    「モテたのよ〜森氏は。あたしなんかには鼻も引っ掛

     けないわよ」

     

    楽しそうに話された。

     

    昔、マキさんのコンサートが金沢で開かれた日に、同

    じビルで、森さんの講演会も催された。

    当時、森さんは自民党内では実力者と目されていた。

     

    「わたしはね、アラって思ったのよ、同級生だからね、

     でも、住む世界が違うじゃない、ね」

     

    コンサートが始まる前に突然、マキさんの会場に森さんか

    ら豪華な花輪が届いた。スタッフは急いで楽屋のマキさん

    に伝えた。

     

    「びっくりしたわよ、そりゃあね、うれしかったわよ、

     う・ふ・ふ・ふ」

     

    男はこうでなくてはいけない。

     

    森喜朗は気遣いの人。

    慎太郎氏に負けず、若い頃から滅茶苦茶女にモテた。

    その自信が時々顔に現れる。

    まだまだ、男だ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:43 | comments(1) | - | - | - |
    お宅のことを愛国ネトウヨに転向した、と悪口を書く自称リベラルさん、自称サブカルチャーマニアさん、沢山いるが、森さんと佐々木守さんの関係を知ると彼らの薄っぺらさに気の毒さすら感じる。佐々木守さんと山中町の皆さんとの関わりにも感銘をうけたことが。
    | 粟津 | 2020/02/19 9:59 PM |