RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 森喜朗元総理のこと | main | 田舎者でないとロックは無理 >>
ホテル・カリフォルニアは今の日本だ
0

    2月20日   晴れ    起床7時

     

    朝食    ベーコンと大量白菜の赤ワイン蒸し

          玉子巻き

          トースト

          牛乳

     

    スーパーボウルのH・タイムショウで観たJ・ロペスの

    太ももを目指し、ダイエットに務めているが、ソロソ

    ロ、別の目標がないと続かなくなってきている。

     

    油断すると、プロの殺し屋みたいな食慾が、どこからか

    忍び寄って来る。そいつは何気ないふりをして、僕に何

    か喰わそうとする。

     

    昨日は殺し屋に抵抗しきれなくなり、午後3時、立ち食い

    うどん屋に飛び込み、山芋うどんを喰ってしまった。

     

    夕食を終えても妙な食慾は頭をもたげた。僕は知らん顔し

    て厚切りトーストにピーナッツバターを塗り、知らん顔し

    て「相棒」を観ながら喰った。

     

    先日、金沢大学医学部出身の医師が僕に会いに来た。

    当時、美大の僕と何度か酒を飲んだと云う。

     

     「老人ホームで、あんたが昔歌ってたエロ歌を歌ってく

      れんかな」

     

    僕は完全に忘れていたが、「姉と妹」と云う、美大で覚え

    たエロ歌を歌っていた。医師はそれを覚えていて、老人た

    ちにぜひ歌ってやって欲しいと頼まれた。

     

    ー 世の中が何かの具合で、僕を求め始めたのかも知れ

      ない −

     

    なんて勘違いしそうだ。それも、18・19歳の頃の僕を

    リクエストするんだから、まあ、その医師は相当な変わり

    者だ。

     

    去年の秋、多分10月頃から、僕はイーグルスを歌うよう

    になった。その理由が、カスミの中から、おぼろに見えて

    来た。

     

    ー 「ホテル・カリフォルニア」 −

     

    国へのレクイエムとしてこの歌を捉えている。

     

    ホテル・カリフォルニアに迷い込んだ男は、ついに脱出し

    ようとする。

     

     I HAD TO FIND THE PASSAGE

     BACK TO THE PLACE I WAS B

     EFORE

     

    NIGHT MAN が 云う 「落ち着け」 と。

     

    「 WE ARE PROGRAMMED TO RE

     CEIVE 」

     

    彼は云う、「ここからは、もう出れないのさ」

     

    戦後日本と云う、奇妙な国から「出る」ことは出来ない。

    ここは日本であって、もう日本ではない。

     

    「出る」とは、変わる、変革する、戦前と戦後で歴史を分

    けない、新しい憲法を作る、などのことだ。

     

    イーグルスは西洋文明を嫌った。

    ロスアンジェルスを嫌った。

    近代化を嫌い、白人を嫌った。

    彼らはついに地球を嫌った。

     

    彼らを笑えるだろうか。

    どの国も、幾つもの問題を抱えている。

    でも、普通の国は、問題解決にチャレンジする。

    日本は、今の野党が象徴してるが、大事なことは審議すら

    しない。

     

    僕も君もみんな、「事なかれ」になった。

    「前向き」と云いつつ、前など一度も向いたことはない。

    クルーズ船一隻すらコントロール出来なかった。

     

    日本を愛するなら、腹の底から嫌おう、憎もう。

    矛盾と、混沌と、憎悪と、人間の持つ熱と云う熱がぶつか

    り合い、交じり合って、そして、初めて変化が生まれる。

     

    葛藤もせず、文句も云わず、与えられるのを待つだけでは

    地獄に堕ちるだろう。

     

     ー いわんや悪人もや −

     

    悪人にもなれないものが、どうして浄土に行ける!

    悪人でないものが、どうして人を愛せる!

     

    これが浄土真宗の教えだと僕は確信する。

     

    冬は終わる。でも冬は終らない。

    そう簡単に終わらない。

    春は死んでも来ない。

    そもそも、春など、この世にはもうないのかも知れない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(1) | - | - | - |
    歎異抄には救われました。
    私の中ではrockと仏教は出会ってます。
    最初はバグワン、次に親鸞、今は空海ですけど〜。

    ♪もうすぐハールですねえ
    恋をしてみませんかあ〜
    | arison | 2020/02/22 10:00 PM |