RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ホテル・カリフォルニアは今の日本だ | main | アガサ・クリスティに保守を学ぶ >>
田舎者でないとロックは無理
0

    2月24日   晴れ    起床6時

     

    昼食     アジフライ&カキフライ

           タラの煮つけ

           青菜おひたし

           ご飯

     

    天気は良くなってきてるのに、日々寒気がする。

    コロナウイルスのせいだろう。

    石川県も金沢で2名が感染した。

     

    小松への中国便はまだ就航しているらしい。

    小松で感染者が出ても何も不思議じゃない。

    中国への忖度は、思う以上だ。

     

    西武ライオンズのホームラン王山川穂高の体重は108

    キロ。僕は106キロ。何故こんなに体重があるのか?

    あんまりだ。

     

    バンド練習が終わり、メンバーが帰り支度をしてるとき、

    ギターの山下君と話した。

     

    「ホテル・カリフォルニアを、ブルースをやるみたいに

     やれたらいいな」

    「僕もそう思います。ブルースみたいに、ね」

     

    今現在「ホテル・カリフォルニア」を本気でカバーして

    るのは僕等だけと思うが、けっこういるかも。

    この曲は正に「イロニアの音謡」だ。

     

    薬物による浮遊感。砂漠に横たわる静かな孤独。

    ぬぐい切れない喪失感。アイロニーと精神異常。

    狂信的な陶酔に飲み込まれた人々。

     

    現代文明への激しい嫌悪。

    ホテルの住民は、いつしか全員がゾンビと化す。

    バンドでやってる分、マイケルのスリラーより怖い。

     

    ストーンズの方がまともな気がするね。

    「病み方」はイーグルスの方がひどい。

     

    でも、いつしかカリフォルニアは、文明の発信地になった。

    これ、アイロニーですねー。

     

    宇宙船を持とうとした「ジェファーソン・エアプレイン」

    霧の中で狂い続けた「ザ・バーズ」

    薬物体験による幻想を歌った「ザ・グレートフル・デッド」

     

    共産主義、リベラル、同性愛、ロックによるフロンティア

    ・スピリッツの復活。核となったのは、ピッピー達の数々

    の実験と体験。彼らは西洋文明の限界を知り、東洋思想へ

    の傾斜を急いだ。

     

    ー ネガとポジの逆転 −

     

    西洋的考え方からの脱却が米国の一人勝ちの大元にある。

    これらが60年代後半からこの地で勃興し、若者を熱狂さ

    せ、それまでの常識に対抗し、新しい考えを生んだ。

     

    今となっては「はっぴーえんど」の三枚目。

    「さよならアメリカ・さよなら日本」

    この、「勘違い」がどうして生まれたのか。

     

    残念だが、こののち、無国籍テクノと云う、感覚の世界

    へ、音の世界へ、彼らは傾斜してゆく。

    現実をしっかり見ておけば、日本のロックは違う方向を

    見つけたかもしれない。

     

    エルキュール・ポアロは、事実をコツコツ積み上げ、難

    解なジグソーパズルを完成させるように、事件を解決す

    る。

     

    ー この方法こそが奇跡を起こす −

     

    ダイナミックに繊細に!

    そしてしつこく。

    何に向かうかなんて考えないで、向きたい方に向き、進ん

    でゆけば、何かが手に入るんじゃないかな。

     

    人生はミステリ。

    毎日がミステリ。

    106キロもまたミステリ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:55 | comments(0) | - | - | - |