RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 田舎者でないとロックは無理 | main | 僕のPCはAI仕様か? >>
アガサ・クリスティに保守を学ぶ
0

    2月25日    晴れ    起床6時

     

    朝食   ベーコンと青菜炒め

         モヤシとナメコの味噌汁

         ご飯

     

    食慾は旺盛なれど、体操と腹筋は毎日してる。

    「ジェニファー・ロペスの太もも」を目指し、

    冬を乗り切ったかに思うが、如何に!

     

    アガサの「白昼の悪魔」は1941年に書かれた。

    僕が生まれたのは1951年。41年は、世界中が戦

    争に巻き込まれた年じゃないか。

     

    「白昼の悪魔」を原作に「地中海殺人事件」と云う映

    画が生まれた。でもこれは、原作とはかなり違う。

     

    殺される元女優アリーナ・マーシャルは、超の付く絶世

    の美女。何人もの男を狂わせた「悪魔」なんだけど。

    映画では、かなりくたびれシオレた女優が、アリーナを

    演じた。これではどうしようもない。

     

    アリーナ・マーシャルは女の敵。

    たいていの男は彼女の美貌に狂い、いくつもの夫婦関係

    が破綻した。これが重要な「前フリ」として読者の頭に

    刷り込まれる。

     

    ポアロが滞在するホテルに、アリーナは夫と、夫の連れ子

    リンダを伴って現れる。ホテルで出会った若いハンサムな

    男はアリーナにベタぼれし、物語は展開する。

     

    男の妻とリンダが仲良くなったり、アリーナの夫マーシャ

    ル大尉に、彼の幼馴染の売れっ子デザイナーがからんだり

    と、様々な関係が生まれる。

     

    そしてある日、アリーナは死体となって発見される。

     

    実はこの物語は、僕がずっと気になっていたことがキーに

    なっている。それを書くとアガサに迷惑かけるかもしれな

    いが、勘弁してもらおう。

     

    滅茶苦茶の美女がいたとする。

    テレビタレントでも、アイドルでも、女優でも、近所の

    ベッピンさんでも、何でもいいが。

     

    男はキレイなものに弱いから、大いに関心を持つ。

    「なんとか俺を好きになってくれんかなー」

    どんな男もそう思うはずだ。

     

    「俺みたいなブ男でも好きになってくれるかも」

    こう云う場合、男は前が見えなくなってるから、当然自分

    の顔も見ない。身勝手なもんだ。

     

    その「身勝手さ」に付け込むのが「水商売」だろう。

    「ひょっとしたら」

    男はこれにしがみつく。

    勘違いをして金を使う。

     

    でも、これでは、いつまでたっても成長しない。

    と云うか、世間知らずなままだ。

     

    僕は40代に、男の持つ、一方通行的ベタぼれに疑問を

    持った。ベタぼれする理由の一つは、男の勘違いにある。

     

    「いい女、綺麗な女は、すべからく博愛主義である」

     

    多分、これがどの男の中にもある。

    僕はこれに疑問を持った。

    そして、まわりの美女たちを観察した。

     

    その結論。

     

    美形の女は美形の男を求める。

     

    美形の女は普通の女より性欲が強い。

     

    現実的に云えば、アイドルの女の子たちが好きなのは、

    アイドルの男達か、アイドル的タレントか、アイドル的

    モデルだ。

     

    多分、9割の女の子がそうだろう。

    ただ、美形に全く興味を示さないアイドルも1割はいる。

    アガサは書いてはいないが、次のことを匂わせて居る。

     

     「美人はより性欲が強い」

     

    いやー、ほんと、俺ってヒマなんやね。

    こんな事ずっと考えて来たんやから。

    でも、面白いしなー、うひひひひ。

     

    男は、美人と付き合う前に、アガサみたいな女と付き合う

    べきだ。いや、アガサみたいな女なら、美人はいらない。

    こう云う女を友人に出来たら、人生は楽しいだろう。

    もしかすると、男は美形を信じてないのかも知れない。

    いやはや、また研究材料が増えてしまった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:27 | comments(0) | - | - | - |