RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 僕のPCはAI仕様か? | main | 森の捕食者は怖い。 >>
春にして大いに語る
0

    3月2日   晴れ    起床6時半

     

    朝食    ウインナーと玉ねぎのトマト風味炒め

          豆腐入りワカメ・スープ

          厚切り・玄米トースト

          玉子巻き

          牛乳

     

    ー 本郷和人なる歴史学者は一体何者か? −

     

    なんてね、まあ、大したことじゃないけど。

    彼の「歴史の空白」だったかな、よく覚えてない

    けど、ヤバいことが書いてある。

     

    「持統天皇から明治天皇に至る1000年間は、

     どの天皇も伊勢神宮を訪れていない」

     

    彼によれば、伊勢神宮は格が低く、そもそも天皇が

    訪れるべき場所ではなかったとか。

    おいおい、天照は全能の神じゃなかったっけ?

     

    ー この話には続きが有って −

     

    歴代天皇は仏教徒であったが、神道信者ではなかった。

    神道は明治革命政府が作り上げたもので、教義も思想も

    無く、彼らは神道は宗教ではないと思っていた。

     

    ー 右翼が聴いたら腰抜かすわな −

     

    天皇は明治維新には必要な存在だった。

    日本を一つにするにはちょうど良い存在だった。

    天皇はあくまでも日本を統一する手段に過ぎなかった。

     

    ところが、手段が目的化し、「天皇の為に日本がある」

    「天皇は神である」と変化し始め、ついには「天皇万歳」

    たる「皇国史観」が生まれ、日本は戦争に突入した。

     

    まあ、だいたいだけど、以上のことが「歴史の空白」には

    書かれている。

     

    彼は中立な男なので、彼の云うことはほぼ真実だろう。

    僕は何度も書いたが、歴史は時がたつほど真実に近づく

    と思う。今ある歴史を信じ込むのは危険だ。

     

    ー さてと −

     

    「小松マテーレ」と云う会社の社員がコロナにかかり、小

    松でコロナ発生となったが、「マテーレ」は小松ではなく

    隣の根上町の会社。なので、正確には小松からはまだ感染

    者は出ていない。

     

    ー でも小松から感染者が出るのも時間の問題だろう −

     

    金沢の新聞社の記者から電話。

    「観光客がいなくなって、静かに飲めるようになったん

     で、どうですか一杯」

    気の利いたお誘いだ。

     

    新聞記者は色んな情報を持っている。

    こんな時こそ、一杯飲まなくては。

    ホテルも空いてるだろうし。

     

    先週金曜日の「えびすや」は多士済々だった。

    ブルース好きの組合委員長、僕と同い年の長距離運転手、

    僕はガチガチの左翼組合員だったHさんと飲んだ。

     

    以前、Hさんと政治の話で云い合いになったことがある。

    「安倍?なんやあんな男、エエとこのボンやないか!」

    会社会長をしてる常連のSさんもHさんと口論になり、

    激高したSさんは暴言を吐き、「えびすや」出入り禁止

    となった。

     

    我々保守派とは敵対関係にあるHさんと、僕はこの所、

    仲がいい。理由は競輪。Hさんはかなり昔からの大の

    競輪ファン。すさまじいほどに色んな話を知ってる。

     

    そもそも「えびすや」は労働者の為の飲み屋。

    昔は「小松製作所」の入り口近くで店を張っていた。

    左翼系組合員の店だと分かってないと、Sさんみたいな

    ことになる。

     

    でも店には、大将や女将さんと並んだ森元総理の写真が飾

    ってある。大将は多分、左翼ではない。

     

    Hさんと死ぬほど競輪の話をした。

    Hさんが帰り、僕の横には哲学を研究してるMさんが座っ

    た。競輪から哲学に頭が切り替わらず、Mさんはしばらく

    して帰った。

     

    カウンターに残ったのは僕とふたり連れの市の役人。

    この役人二人と盛り上がり、彼らは僕の為なら何でもする

    と確約した。まあ、酒の上の確約ね。

     

    もう、ベッタリ疲れた。

    頭も体も空っぽだった。

    僕はコロナを忘れた。キャンセルを忘れた。

     

    こんな時こそ、大いに酒を飲もう。

    そして、大いに語ろう。大いに相手を認めよう。

    たかが左翼ごときで、相手を軽んじたり、馬鹿にするのは

    やめよう。こんな時は、楽しく時を過ごそう。

     

    ローカルなロック・ミュージシャンは、からかわれたり笑

    われたり、不思議がられたり、格好の愚痴を云う相手であ

    ったりして、ローカルの役に立とう。

     

    ピエロと思われようが、冬のキリギリスとさげすまれよう

    が、ニコニコと、カリフォルニアの太陽の如くに、暖かく

    いなければいけない。

     

    春は季節ではなく、あなたのことだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:07 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2020/03/06 9:02 PM |