RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春にして大いに語る | main | 3月の風が吹けば >>
森の捕食者は怖い。
0

    3月3日   雨のち晴れ  起床6時

     

    朝食    ウインナーと野菜のワイン煮

          玉子巻き

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    腹筋の効果が出たのか、ウエストがまた少し縮んだ。

    朝っぱらから母親とケンカしながらズボンを履いたら、

    すっと入った。

     

    「自転車は危ない」「酒を飲むのは体に悪い」「外出は

    なるべくするな」「寝転んで本を読むな」

     

    以上が母親の小言。

    僕はことごとく抵抗する。

    僕は人間として相当に未熟であり、決して親思いではな

    い。甘やかされて育った出来の悪い長男坊だ。

     

    でも、母親の云う事きいてたら引きこもりになる。

    何でもかんでも心配する。まるでどこかの国と同じ。

    敢えて差別的に云うけど、おんな子供の云う事きいてたら

    男も国も破綻する。

     

    ー このミステリが凄い −

     

    一昨年は「カササギ殺人事件」、去年は「メインテーマ

    は殺人」、どっちも作者は A・ホロビッツ。

    抜群に面白いから世界中で1位を独占した。

     

    けどね、「メインテーマ」より面白かったミステリが実

    はあった。本屋で題名に魅かれて買った一冊。

     

    「生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者」A・メイン著。

     

    或る森林地帯で、女のハイカーが何人か行方知れずとな

    る。警察や地元の人達は、熊に喰われたとの結論に至る

    が、生物学者セオ・クレイは疑問を持ち調査に入る。

     

    樹木や草木の習性、熊の習性、森の中の実態を科学で検

    証し、彼は殺人だと結論を出す。

    生物科学を解きほぐしながら犯人に迫るミステリ。

    これは文句なしに面白かった。そして怖かった。

     

    この作品は革命的だ。

    人間の隠れた本性に迫るのがこれまでのミステリだが、

    この作品は人間ではなく、生物の本質に迫る。

     

    いや、読むと分かる。

    森の中では草木も生き残るためにあらゆる手を使う。

    終いには、生物の集合体である「森」が、人格を持ってい

    るかの錯覚さえ起きる。これは怖い。

     

    ー 歴史も同じ −

     

    本郷和人は科学を歴史に持ち込んだ。

    彼が云うように、歴史のほとんどは空白であり、そこをど

    う推理するかが歴史学者の腕の見せ所。

     

    平安時代までは一部のエリートしか字を書けなかった。

    故に、僕等が歴史と思ってるほとんどは当てにならない。

    事実の記録は残るが、「何故?」となると分からない。

    本郷に寄れば、それでも日本は資料が豊富だとのこと。

     

    ー では、音楽も同じか? −

     

    そうだと思う。

    70年代に固執しても仕方がない。

     

    音楽とは?ロックとは何か?

    これからは離れられない。

    誰の為に?

    ここが肝心。

    考え続けなきゃね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:21 | comments(0) | - | - | - |