RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 森の捕食者は怖い。 | main | 日本人の本性は隠れている >>
3月の風が吹けば
0

    3月5日    晴れ・風強し   起床7時半

     

    朝食    魚の煮凝り

          玉子巻き

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    昨日の晩ご飯は、お隣からもらった大アジとハチメを

    母が大鍋で煮た。

    ここ日本海のアジは、伊豆とか小田原のアジには少し

    及ばない。アジだけは太平洋側の方が旨い。

     

    それでも煮付けてしまえば変わらない。

    アジもハチメ(多分、黒ソイ)も旨かった。

    そして今朝、魚を煮た鍋を洗おうとすると、なんと煮凝り

    が鍋の底に出来ているではないか!ラッキー!

     

    「鬼平犯科帳」の池波正太郎のエッセーに、旨いものふた

    つが紹介されていた。

     

    ひとつは前日の晩飯に出たトンカツの残り。それもすでに

    ソースがかかってるやつ。トンカツではなく、カツサンド

    だったかも知れないが。

     

    この一文を読み、僕はこの小説家をイチもニもなく尊敬し

    た。もうひとつがこの煮凝りだった。

    祖母は料理が上手かった。よく煮凝りを作ってくれた。

     

    プリプリした煮凝りを、熱いご飯の上に置いて食べると、

    身も心も、ほわーっと温かくなる。「なつかしさ」を煮つ

    めると煮凝りになる、なんてね。

    これ、日本人にしか分からない味だろうなー。

     

    ー 夢で作詞 −

     

    昔から、夢の中で作曲したことは有るが、この頃は、作詞

    するようになった。ほとんどは忘れてるが、覚えてるのも

    ある。

     

    探偵エルキュール・ポアロはフランス語を良く話す。

    「アン・アリエール」・・それでは、後退しましょう。

    「アン・アバァン」・・・前進ですね。

     

    仏語はさっぱり分からないので、逆に印象に残る。

    そんな夜に僕の「灰色の脳味噌」は、主人の意向とは関

    係なく、作詞なんぞをする訳で。

     

    「マダーム」「マドモアゼール」ぐらいは、日本でも使

    っていいんじゃないかな。感じがとても良い。

    「月光亭のママ」より「月光亭のマダーム」の方が謎め

    いてる。「ママ」じゃ味気ない。

     

    もちろん男は「ムッシュー」ね。

    バンド名を英語か仏語にしようと思ってる。

    仏語の方が断然面白そうだね。

     

    ー 競輪に行けないから −

     

    せっかくだから、先のことを考えてる。

    先のことを考えると、まずは一体何がしたいのかにぶつ

    かる。大事なことだ。

     

    僕なら、何を歌うのか、を考える。

     

    心情に近い曲を探す。

    米国のトラッド。詠み人知らずの1曲。

    「アイ・ノウ・ユー・ライダー」の3題目。

     

     THE SUN WILL SHINE IN MY BACK 

     DOOR SOMEDAY

     THE SUN WILL SHINE IN MY BACK

     DOOR SOMEDAY

     MARCH WINDS WILL BLOW

     ALL MY TROUBLES AWAY

     

    ー 太陽が裏木戸を照らし始め、3月の風が吹いたら、

      僕のすべての悩みは、何処かに飛んで行く −

     

    素朴だけど、とてもいい。

    「MY BACK DOOR」が、目に見えるようだ。

    不思議に日本人の感性と違わない。

     

    ここがグレートフル・デッドの出発点かも知れない。

    そして僕も、ここが帰るべき場所だ。

    何にしても、気持のよい詩だと思う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:57 | comments(0) | - | - | - |