RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 3月の風が吹けば | main | 日本人の気性・第二弾 >>
日本人の本性は隠れている
0

    3月9日    晴れ    起床6時半

     

    朝食    豚ロースのソテー

          筑前煮

          蜆の味噌汁

          大根と白菜の浅漬け

          ご飯

     

    無理のない程度に腹筋は続けている。

    あとは、こまごまと動くこと。

    体を動かさないと体重は減らない。

     

    甘いものを全く食わないのは寂しい。

    「こんにゃく畑」を喰うことにした。

    なぜ今まで思いつかなかったんだろう?

    これなら毎日一袋喰っても大丈夫だ。

     

    ー アガサ・クリスティ「五匹の子豚」読了 −

     

    この作品もムチャクチャ面白かった。

    テレビでは観たと思うが、犯人を忘れていたのでラッキー

    だった。

     

    事件の中心は、夫を毒殺したとして監獄に入れられた妻な

    んだけど。画家である夫を狂わせた、20才の魅力的な女

    エリサが、裏の主役でもある。

     

    奔放な画家と、欲しいものは手に入れないと気の済まない

    女との熱愛がテーマ。要は男と女の葛藤が描かれる。

    アガサは今回初めて、ポアロはどんな女が好きかを書いた。

     

    ー 華やかで、贅沢な女 −

     

    仕事の出来る女、頭のいい女、優しい女、家庭的な女、美

    しい女、そのどれでもなかった。

    「そうだよな」とは思わない。そんな女には出合ってない。

    でも、じっくり想像してみると「かもな」と思う。

     

    華やかで贅沢なんて、女だけに許される特権じゃないか。

    「美人」と云わず「華やか」、「強欲」と云わず「贅沢」

    「華やかなブス」ってこの世にはいないわなー。

     

    アガサの作品に登場する人達はほとんどが大金持ち。

    食うに困らない人たちの恋愛こそが、真の「恋愛」だと思

    う。嫌味も込めてだけど。僕の思う恋愛は、別の愛が関与

    する。例えば博愛、母性愛、人間愛とか。

     

    これぞ恋愛と云うなら、男と女が対等でなくてはならない

    。僕はこのような西洋的恋愛をしたことはない。

    日本的な「なんか良いなー」から始まる恋なら、何度もし

    たけどなー。

     

    「五匹の子豚」では、このあたりのことが徹底的に討論され

    る。それが見事だ。各自各様の主義主張が飛び交う。誰も自

    分の主張は曲げない。絶対に、一ミリも曲げない。

     

    それで成り立った英国は、凄いとしか言えない。

    この作品は僕が生まれる10年前、1941年に書かれた。

    日本に、英国式民主主義は無理かも知れない。

    この作品を読んで、その思いはより強くなった。

     

    日本には主義主張を話し合う習慣がない。

    日本人は「立派な人間」でないと政治家としても、実業家と

    しても、教師としても、医者としても、認めない。

     

    今、どこに立派な人間がいるだろう?

    いない訳じゃない。多分、いるんだろう。

    いや、いなくちゃ困る。

     

    ー 「そんな人間はひとりもいない」 −

     

    日本の保守はそう思っている。

    でも、そうは思いながらも、相手の人格は厳しく観察する。

    そう云う人達が大多数になれば、日本にも民主主義は定着す

    る。日本は民主主義の幼稚園あたりをまだウロウロしてる。

    英国には遠い。

     

    ー 日本人は実は、自身の気性や主義主張を隠している −

     

    僕はそう思っている。

    出口が分からないままに迷っているアメリカ人とは違う。

    「和」を大切にしながら、いつか「和」をぶち壊す。

    日本人はずっとそうして来たじゃないか。

     

    日本人は隷属的ではない。

    天皇を尊敬し、ゆえに天皇をお守りし、天皇の弥栄を祈る。

    決して、天皇に守られる国であってはいけない。

    それが日本人じゃないかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:33 | comments(0) | - | - | - |