RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本人の本性は隠れている | main | 日本人は季節も作った。 >>
日本人の気性・第二弾
0

    3月10日   小雨   起床6時半

     

    朝食    ウインナー炒め

          レタス・サラダ

          蜆の味噌汁

          厚切りトースト

          牛乳

     

    ソロソロ尻に火がついてきた。

    「ライブハウス」は危険だと云う風評は全国に広まった。

    「スポーツジム」「屋形船」も同じく肩身が狭い。

     

    マッツは多目的ホールだけど、ライブハウスに変わりはな

    い。そもそも小松市の持ち物であり、民営化で僕は運営に

    参加した。すべての権限は市にある。

     

    「クラスター」が怖い。

    もしも発信源になればかなりつらい目に会う。

    「事なかれ」なら、ホールは封鎖した方が良い。

    「でも?」そんなんで良いんだろうか?

     

    趣味や、同好会や、市民の集いならば、中止にしても大き

    な被害は出ない。でも、マッツのイベントで喰ってる人達

    にとっては、死活問題だ。

     

    金沢市は閑古鳥がすでに鳴いている。

    小松市もホテルや宴会場は手痛い損害を受けた。

    実は、西日本や北陸は、東日本大地震の被害をほとんど受

    けなかった。

     

    当時、僕は川崎に居住した。

    なので、あの当時の日々が苦々しく蘇ってくる。

    今回の被害はあの大震災を上回るかもしれない。

    でも、小松市民は「すぐ元に戻る」と、どこか楽観して

    いる。

     

    今回は全国規模。

    ただでさえジリ貧の地方経済が、これ以上の自粛に堪えら

    れるはずがない。

     

    事実3・11の影響に、伊豆の観光地は今も苦しんでる。

    「熱海の一人勝ち」は例外であり、伊東など他の観光地は

    まだ3・11以前に戻れていない。

     

    観光業はギャンブルだ。

    インバウンドなどに狂うとロクなことは無い。

    ここ数年の積み重ねは、あっという間に霧散した。

    元に戻すには相当な年月が掛かる。

     

    無観客の相撲に、どれ程の価値があるか?

    こんなことが続けば、相撲への関心はなくなる。

    野球然り、サッカー然り、オリンピック然り。

    スポーツは無ければ無いで済む。

     

    では、この国からスポーツがなくなったらどうなるか?

    この20年間、スポーツ以上に我々を元気づけ、楽しませ

    てくれたものが、他にあるか?

     

    政治家が我々を燃え立たせただろうか?

    石川県知事が?石川県会議員が?小松市議会議員が?

    政治家に頼っても何も変わらない。

    いや、そもそも、政治家に頼ろうとする我々に問題がある

    んじゃないか。

     

    ー だれにも頼れない −

     

    そう確信した人だけが生き残る。

    そして、ここが大事なポイントだが。

    それを肝に銘じているのが、実は、日本人じゃないか。

     

    分かっている。すでに。

    そうでなければ、戦後復興などあり得なかった。

    我々はすでに確信している。

     

    ー 頼れるのは己のみ −

     

    これが昨日に続く、日本人の気性・第二弾だ。

    何の文句も無いではないか!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:52 | comments(0) | - | - | - |