RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本人の気性・第二弾 | main | 僕の本性・パートワン >>
日本人は季節も作った。
0

    3月12日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    鳥胸肉のソテー

          レタスサラダ

          玉子巻き

     

    だいたい1年の内、3月と12月が忙しい。

    今年はコロナ・キャンセルも加わり、この忙しさは

    4月まで続くだろう。


    国税の支払いは3月16日まで。

    国税を滞納すると怖い目に会う。

     

    まずは自転車で小松市役所に行き、母から頼まれた寡婦

    申請書を提出。

    「えーっとね、申告されなくても良かったんですけど」

    「ほなら申告書を年寄りに送るな!」

     

    口には出さず。「分かりました。失礼します」だから。

    ついでと思ったけど、市役所内の銀行では国税は受け付

    けないとのこと。

     

    市役所の自転車置き場に戻り、今度は信用金庫へ。

    会計事務所から渡された納付書どうりに国税を支払う。

    まーこれもついでなので、自転車を飛ばし会計事務所へ。

    今回の費用を払った。そのまま自転車でマッツへ出勤。

     

    一昨日、称名寺住職の五六さんが亡くなられた。

    彼は僕よりずっと若い。

    12月に僕の家にお経を上げに見えた。

     

    その時、少し元気を無くされていた。

    それでも五六さんは、僕の心臓の具合を心配してくださ

    った。

    「僕の癌は第4ステージです。でも、頑張らんとね」

    病気に立ち向かった住職は立派だった。

     

    佐々木均さんと共に「枕花」を持ってお寺に駆け付けた。

    退出時、均さんは遺体に向かい「さようなら、五六さん」

    と叫んだ。僕も涙をこらえ切れなかった。

     

    佐々木均、佐々木五六、佐々木忠平。

    三人による「佐々木会」の一人がいなくなった。

    優しい人が死ぬと悔しくて堪らなくなる。

    こういう時、悪人は立つ瀬がない。

     

    ー さてさて −

     

    マッツは3月のイベントをすべて延期してもらった。

    キャンセルを喰らうより、こちらからキャンセルを申し出

    る方が遥かにつらい。

     

    「キャンセル喰うなら仕方ないですが、こちらから中止し

     てくれなんて嫌です」

     

    市役所側と電話でやり取りした。

    「でも、他の施設も全部止めてるんですから」

    「止めるのは簡単です。万全の態勢で臨みますからお願

     いします」

     

    これだけライブハウスが矢面に立たされている時に、何を

    云っても無駄だ。役人の立場もある。万が一が起きた時、

    責任被るのは彼らだ。

     

    イタリアはどうなるんだろう。

    それに比べたら、日本はまだまだ余裕がある。

    でも、経営者はつらい。

     

    僕の予感通り、季節の春は来ても、春は来ない。

    気持がついてゆかないものは「春」ではない。

    日本人は季節を自ら作って来た。これが凄い。

    ゆえに独特の芸能、独特の文化を生んだ。

     

    目に見える季節に意味はない。

    桜がきれいなのではなく、きれいだと思う人がきれいなの

    だ。絶対的な美などこの世にはひとつもない。

    すべては相対的。

    春を喜び楽しむ気持ちになりたいね。

    「ハレ」の日は、まだまだ来ないんだろうか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:09 | comments(0) | - | - | - |