RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 僕の本性・パート・ツー | main | 我、冬の峠を越える >>
「ウーララ」ではなく「ウヒヒヒヒ」
0

    3月17日   晴れ   起床7時

     

    朝食    大盛りチャーハン

          ポテトサラダ

          玉子巻き

     

    昨日は金沢。

    やはり人が少ない気がした。

    でも、元に戻った訳で。

    北陸新幹線開業前にね。

     

    香林坊大和の紀伊国屋でボールペンの替え芯を購入。

    ブルーとブラックを2本づつ。芯は0・7ミリ。

    三色ボールペンは、競輪場でなくてはならないアイテム。

    今のうちに補充。なかなかの心がけだわ、佐々木君。

     

    アガサ・クリスティ著

    「死者のあやまち」「マギンティ夫人は死んだ」の二冊

    を購入。アガサは今のとこ僕の主食。

     

    本屋も空いているのでゆっく棚を見て回る。

    「生物学探偵セオ・クレイ・街の狩人」を見つける。

    即購入。これはうれしい。

     

    僕と同じく美大彫刻科出身の作家、黒川博行さんの初期の

    作品「海の稜線」購入。なかなか魅力的な人物だ。僕の目

    には典型的な昔の美大生に写る。

     

    母の為に、俳句の夏井先生の「子規」と「異端のすすめ」

    橋下徹著を追加で購入。

     

    今日の北国新聞「時鐘」

    時鐘氏は開業5周年を迎えた新幹線を見に行く。

     

     どんな言葉を掛けようと、思案した。祝意に続き「し

     ばらくは辛坊や」と慰めるか。案の定、ホームや車内

     は、にぎわいがウソのような光景。それでも「かがや

     き」は律儀に走っていた。 

     

    先の長野線区での新幹線車両水没と、今回のコロナ被害を

    どこか同列に見ている。「しばらくは辛坊や」にそれが現

    れている。

     

    楽観している。

    「なぜなの?」と思う。

    今回の災いは、車両水没どころの騒ぎじゃない。

     

    「しばらくは」ではなく、白人を乗せたクルーズ船はこの

    先10年は金沢に一隻も来ない。中国人も元に戻るには5

    年は掛かる。

    頼るは国内観光客と台湾からの客か。観光業は壊滅的だ。

     

    暗くなるより楽観の方が良いが。

    それより金沢は、一丸となってこの難局に立ち向かって欲

    しい。そうなれば「災い転じて福となす」だ。

     

    少し疲れているのかも。

    静かな中で眠れなくなった。

    枕元のトランジスタラジオをつけたまま眠る。

     

    これだと副交感神経が休まらない。

    コロナ・キャンセルがストレスになってる。

    いかんなーいかん。

     

    ストレスは万病の元やからな。

    免疫を押し下げるし、風邪を引きやすくなる。

    競輪やってないのがこたえてる。

    きっとそうだ。

     

    「ウヒヒヒ」な事やってないと僕はもたない。

    酒より「ウヒヒヒ」、女より「ウヒヒヒ」

    競馬場か競輪場にいないと休まらない。

     

    「ウヒヒヒ」な曲作るかな。

    思い切り暗い曲。

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:54 | comments(0) | - | - | - |