RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 「ウーララ」ではなく「ウヒヒヒヒ」 | main | 春は紳士で行きたいね >>
我、冬の峠を越える
0

    3月19日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    ハムエッグ

          レタスサラダ

          厚切り玄米トースト

          蜆の味噌汁

     

    北海道知事が緊急措置を解除した。

    こんな偉い人が北海道にいたとは。

    規制するのは楽だが解除するには勇気がいる。

    重い責任がのしかかる。

     

    これで他県の知事も楽になったのでは。

    ずるずる規制を伸ばせば、経済は息の根が止まる。

    「感染はしなかったけど仕事が無くなった」

    これではどうにもならない。

     

    米国がひとりに10万円配ろうと云う時に、何故日本は

    1万2千円なのか!

    国民を馬鹿にしてるのか!

     

    ー 会社は救うが個人はほったらかし −

     

    これ、日本の悪しき習慣。

    日本に個人は存在しないの?

    何もかもが会社中心。

     

    ー 音楽産業も同じく会社中心 −

     

    世界で一番安いであろう印税。作詞も作曲も雀の涙。

    歌唱印税は無きがごとし。

    著作権会社作った方がどれほど儲かるか。

     

    個人で請け負うカラオケ制作費には上限がある。

    一晩に何曲も制作されるとギャラが高くなる。

    よって、個人が一晩で稼いでも良い相場がある。

    まあ、暗黙だけど。

     

    多分、今度の補助金も、会社と云う単位で支払われる。

    こんな悪習は御免こうむりたい。

    フリー・ランス、非正規、個人から救うのが当たり前だ。

    でも、そうはならないだろう。

     

    ー ボコボコにされるのを覚悟で云うけど −

     

    しばらくの間、4年ごとに、政権交代する仕組みにしたら。

    自民党ばっかり続くと、野党はやる気がなくなる。

    2・3回、野党に政権を担わせば、憲法改正もやり易い。

     

    政権獲って「非武装中立」唱える馬鹿はいない。

    「朝日新聞の云う通りやっとったら国が潰れるわ」

    経験を積ませないと「まともな野党」にならない。

    自民党にとっても良くない。

     

    ー 昨日は久しぶりに散歩した −

     

    急に歩こうと思った。

    天守閣の後ろを通って、小松高校の玄関まで歩いた。

    久し振りなので、体が「もうやめてくれー!」と叫ぶ。

    玄関の縁石に腰掛け息を静める。

     

    芦城公園は梅が満開。

    桜はまだまだ。

    砂利をサクサク言わせて歩く。

    今度は心臓が「止めろー!死ぬぞー!」と叫び出す。

    藤棚の下で一服。

     

    歩き始めて30分、ようやく体が落ち着く。

    うっすらと汗も出て来た。

    心臓の悪い者にとっては「うっすらと汗をかく」が、最

    高の運動。

     

    1時間と少しかけて久々の散歩は終了。

    気持がいい。

    「何でも実行しよう!」

    そんな気分が湧き出て来た。

     

    ようやく僕に春が来た。

    抑えていたものを、ひとつひとつ取り除こう。

    閉じていた水門は開いた。

    春の水がどっと流れ込んでくる。

     

    イマジネイション全開や!

    ザマーミロ!

    俺は冬を超えた。

    冬の峠を越えたぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:59 | comments(0) | - | - | - |