RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春は紳士で行きたいね | main | ライブハウスを撃つな! >>
ロックは死ぬまで楽しめる
0

    3月24日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    玉子巻き

          レタスサラダ

          牛乳

     

    コロナ蔓延の折に、ダイエットして良いんかな?

    免疫力、ガクッと落ちるかも。

    加えて糖質は抜きまくってるし。

     

    それでも痩せんからね。

    100キロ越してるんやから、少しダイエットしただけ

    でも、体重落ちるんと違うか?

    落ちんなー。

     

    昨日はやっぱりと云うか、大和で買い物してしもた。

     

    「4Lサイズ揃えておきましたんで」

    「そうなん、買う気ないけど」

    「このスポーツ・ジャケットなんかどうですか」

    「スポーツ系は似合わんと思うよ」

    「やっぱり、春のジャケットですね」

    「買うならね」

     

    水色の春用ジャケット買ったわけで。

     

    なんか、魅入られたように買うね。

    あの店員は魔法使いかも。

     

    ー ロック・入門 −

     

    ギターのストロークを教えるのが一番難しい。

    カッティングと云うか、リズム・ギターね。

     

    たいていの人は手首が堅い。

    肘から手先までが一本の棒のようになってる。

    これではストロークは出来ない。

     

    ロック・ミュージックのリズムは99%がラテンだ。

    そこにロックンロール、リズム&ブルース、カントリーが

    加わる。

     

    ダウン・ストロークとアップ・ストロークは同じで良いが

    、たいていはどちらかが強い。
    ダウンが強いとスピード感がなくなる。

    アップが強いと品が無くなる。

     

    「品が無くなる」を別の言葉で云うと「ポップなハード・

    ロック」かな。「ノーテンキ」も近いか。

     

    ー 60歳を超えたらアコギを買って、リズムギター弾く

      のを薦める −

     

    脳味噌の刺激と訓練に実に良い。

    リード・ギターはその後練習すればいいし、しなくても

    いい。まずは全身でリズムをとる。

    そうすれば、老けなくて済む。

    ついでに歌を歌えば、女にモテる。

     

    バッティング・センターでバット振るより、ギターでスト

    ロークする方が体に優しい。

    アコギだけじゃなく、エレキも欲しい。

    なんといってもエレキの方が楽しむ幅が広い。

     

    テルキャスターをまずは一本。

    リッケンバッカーか、グレッチも一本あれば楽しい。

    ギブソン・レスポール、フェンダー・ストラトキャスター

    はリード・ギター用なので必要ない。

     

    アンプはボックスがおススメ。

    かなり重いがコンパクトだ。

    ツイン・リバーブは出力が弱すぎる。

    達郎君は「オレンジ」みたいだが、正解だと思う。

    「ボックス」なら「オレンジ」に負けない。

     

    なんか、老後の楽しみ紹介してる。

    ユー・チューブみたいだ。

    一億総ユー・チューバーだからなー。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:26 | comments(0) | - | - | - |