RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックは死ぬまで楽しめる | main | ダイエット、或は餓死。 >>
ライブハウスを撃つな!
0

    3月26日    晴れ    起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          スープ・ギョウザ

          きゅうりの九ちゃん

     

    朝食で糖質を抜くのが癖になった。

    良いのか、悪いのか?

    なんか、気休めやな。

     

    ー 噂をひとつ −

     

    大阪帰りのY君がゲットした情報。

    例の集団感染した「ライブハウス」の件だけど。

     

    あそこで行われていたのはライブではなかったらしい。

    なんと、「集団見合い」が行われていた。

    「婚活パーティ」とも云うんかな。

     

    もしそれが本当なら、ライブハウスは物凄い割りを喰った

    事になる。

     

    換気が悪いとか、接近してるとか、大声上げてシブキが

    飛ぶとか、まったく関係ないやないか!

     

    「婚活パーティは遠慮して下さい」

     

    それが正しかった。

     

    政府はそのことを重々承知で「ライブハウス」と云ったの

    か?責任を負いかぶせるなら婚活より「ライブハウス」の

    方が良いとでも思ったのか?

     

    「婚活パーティ」が原因となると、居酒屋から結婚式から

    、人が集まるイベントはすべて危険になる。

     

    ー ヨーロッパは厳しい規制に踏み切った −

     

    イタリーやフランスでは、餓死者が出るかもしれないと云

    う。それでも強硬な手段を使わないと、この戦いには勝て

    ない。

     

    食糧危機は目の前だ。

    誰もが買い出しに走り、市中に食い物が無くなる。

    「餓鬼の時代」が来る。

     

    ー オーバー・シュートに、ロック・ダウン −

     

    こんな時に横文字使うアホが多い。

    ニューヨークを閉じて困るのは、金融関係と国連とミュー

    ジカルだろうが。東京を閉じると、日本の首が締まる。

     

    あきらめ99パーセントで云うけど、今は明治じゃないか

    らね。明治維新で作ったものを変えられないんじゃ話にな

    らない。

     

    東京に集め過ぎてる。

    役所や会社だけじゃない。人間を集め過ぎた。

    その問題に手もつけないんだから、何をかいわんやだ。

     

    ー 野党はチャンスをみすみす逃すのか −

     

    国民への助成金が話題となってる。

    この機に及んでも、野党は統一した対策を決められない。

    政府よりも、与党よりも、一歩も二歩も速く、「成る程」

    と思える助成案をマスコミなり、国会に発表して欲しか

    った。

     

    消費税は5%に戻すとか、或はゼロにするとか、非正規の

    収入の8割は保証するとか、取り敢えずひとりひとりに1

    0万配るとか、バシッと発信するチャンスだったはず。

     

    肝心なことは必ず揉めるのが野党。

    当たり前だけど、自民党なり政府は結論を出す。

     

    「アーセー・コーセー・それは駄目、これは無駄」

    云うだけじゃ政権は遠ざかる。

    「決められない野党」では、選びようがない。

     

    AIだの、5Gだの云っても、現実をどう認識するかは国民

    一人一人であり、それを機械に頼るなら、人間の頭脳は犬

    並みに退化する。

     

    コロナ・ウイルスの正体は、まだ分からない。

    でも、中国はウイルスに勝利したと宣言し、韓国は日本を

    抜き、医療における世界的先端国になった、らしい。

     

    日本はウイルスに加えオリンピックを背負っている。

    青息吐息はまだまだ続く。

     

    ヨーロッパは思い切った封じ込め作戦をとった。

    米国も重い腰を上げ始めた。

    日本はこのままゴールに滑り込めるのだろうか?

    この先は誰も見通せない。

    言わずもがなではあるが・・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:30 | comments(0) | - | - | - |