RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ライブハウスを撃つな! | main | 栄冠は誰に輝く? >>
ダイエット、或は餓死。
0

    3月27日    曇り    起床7時

     

    昼食    焼肉定食(病院の食堂)

     

    ー なかなかにつらい光景だった −

     

    病院の受付に、70歳ぐらいの男が両肘をついて看護師

    と何か云い合ってる。僕は次の番で、男の後ろに並んだ。

     

    「かかりつけの病院はどこですか」

    「○○病院やけど」

    「なら○○病院に行ってください」

    「朝から体がだるくて、診てもらえんやろか」

     

    看護師はすべてを察した。

     

    「そんな簡単にPCR検査は出来ないんですよ」

    「えっ?」

    「事前に保健所か、病院に連絡せんと駄目なんです」

    「なんで検査してもらえんの?」

    「だから・・・・・・」

     

    僕は列を離れ、売店に走った。

     

    「マスクないかな!」

    「売り切れやけど」

    「あるやろが、ひとつぐらい!」

     

    ヤバイと思った。

    多分、日本国中の病院で起きてる押し問答が、ついに目

    の前で起きた。これはおかしい。

     

    「オリンピック延期になった途端、出で来たでしょう」

    「すべてオリンピックですよ、政府は隠したんです」

    「こんなもんじゃ収まりませんから」

    「今からが始まりです」

     

    堰を切った様に色々出てくる。

     

    阪神の藤浪は好きな選手。

    ここに来てコロナに感染してしまった。

     

    彼には「悲運」が付きまとう。

    また、「悲運」がこれほど似合う選手も他にいない。

    応援してるぞ! 藤浪!

     

    ー ついに薬に手を出してしまった撲 −

     

    -   メタバリアEX -

    効能は以下のとおり

    「糖の吸収を抑える 腸内環境を整える おなかの脂肪

     ・体重を減らす」

     

    情けないけどな。

    頼むぜ!富士フイルム!

     

    ー バイトのH君の協力を仰ぎ、ネットで本を購入 −

     

    どうしてもデニス・ルヘインの初期の探偵ものを読みたか

    った。10冊ぐらいを注文。中古の文庫本だから安い。

     

    世界には様々なミステリ作家はいるが、デニス・ルヘイン

    が断トツにロックっぽいと思う。

    硬質なロックと云うか、一本通っている。

     

    ー 僕とミステリの関係 −

     

    僕は何かの拍子にスエーデンのヘニング・マンケルの一冊

    を読み、ミステリに思い切りハマった。

    マンケルは全作品を読んだ。

     

    彼は僕にとって「良き先輩」だ。
    彼からは色んなことを学んだ。

    彼はかなり左翼であり、毛沢東万歳の口だが、僕は抵抗な

    く受け入れることが出来た。

     

    主人公のウ”ァランダー刑事が、糖尿病で中年太りって云

    う設定に、もちろん共感したけどね。

     

    ジェフリー・ディーウ”ァーも全作品を読んだ。

    彼は米国音楽産業に詳しい。音楽の楽しみ方を深く知って

    いる。けっこうナウい。

     

    そしてマイクル・コナリー。

    ロスアンジェルスと云えばこの人。

    ベトコンと戦った戦場の生き残り。

    独特の重みがある。

     

    ここ数年でミステリをかなり読んだ。

    ミステリは「逃亡」だと云う人がいる。

    その通りだと思う。人間、ときには逃げたくなる。

     

    これだけインプットすれば、ミステリの曲が作れるかも。

    詞を書くときの引出が一つや二つは増えただろう。

    体から何が出てくるか楽しみ。

     

    コロナウイルスに負ける訳には行かない。

    金が無くなっても我慢だ。

    最後、米があればなんとかなる。

     

    ダイエットか、或は、餓死か。

    どっちになるか。

    意識と現実の戦い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:21 | comments(0) | - | - | - |