RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ダイエット、或は餓死。 | main | テレビは常に情報を隠す >>
栄冠は誰に輝く?
0

    3月30日   晴れ   起床7時半

     

    朝食    肉団子

          玉子巻き

          豆腐の味噌汁

          ご飯

     

    ー 何とはなしに朝ドラを観たら −

     

    今日から「エール」と云う番組が始まった。

    モデルとなったのは、大天才作曲家、古関祐而さん。

     

    古関さんの生い立ちは何も知らない。

    軍歌を作って戦後エライ目に会ったことぐらいか。

    少しでも彼を知れるなら「エール」は観ようと思う。

    初回はあっという間に終わった。

     

    ー 土・日ともに自宅にいた −

     

    一歩も外に出なかった。

    大量に溜まった新聞と広告ビラを整理した。

    紐で結わえ、玄関と書斎に積み上げた。

     

    それから普段着を洗濯。

    昼飯はサバ缶と半熟卵とサラダ。

    母は食パンとバナナ。

     

    夜も簡単に済ませることにした。

    僕はカップヌードル、母は「キツネ・どん兵衛」を。

    ふたりとも、インスタント食品は滅多に食わない。

    便利だけどね、避難してるみたいだ。

     

    ー 万歩計を買うこと −

     

    メタバリアにばかり頼ってはいけない。

    体重が落ちても、落ちたほとんどは筋肉だから。

    特にケツの筋肉が落ちる。

     

    そうなると、長時間自転車が漕げない。

    歩き方も今よりジジイっぽくなる。

    そんなんだと痩せる意味は全くない。

     

    ー 僕の望みはふたつ −

     

    ひとつは良い曲を作ること。

    もうひとつは、カッコいい体形をゲットすること。

     

    300万用意してライザップに行けば、カッコいい体形は

    望めるだろう。でもそれじゃあ主体性が無さ過ぎる。

    まあ、もうすでに主体性は失ってるんだけど。

     

    余分な金もないしね。

    福井競輪で儲けたら?福井市駅前のライザップに行っても

    いいけど。なんてね、そんなラッキーは起きんわなー。

     

    福井と云えば、北陸新幹線敦賀延伸はなんとかなるけど、

    敦賀から京都、大阪までが、今回のコロナでぶっ飛んだ。

     

    東京から金沢までの北陸新幹線は理解出来るが、金沢から

    大阪に延びる新幹線は、まったく理解できない。

     

    「そんなの作っても誰も利用しない」

     

    僕はこのブログで何度も発言した。

    そもそも大阪ー金沢間は「サンダーバード」が一時間に一

    本走っている。それで充分だ。

     

    JR西日本か自民党か、誰かは知らんが、無理無体に、誰も

    得しない金食い虫を走らせようとしている。

     

    どうやって弱小福井県がその費用を負担できるのか?

    なぜ遠回りしてまで小浜を通すのか?

    小浜から先は地下にもぐる為、京都には何のメリットもな

    く、京都はそもそも工事費を負担しないと発言してる。

     

    そこにこのコロナ・ショックが加わった。

    敦賀延伸を前倒ししてまで工事を急いだが、敦賀の先に関

    しては、全く見通しが立たなくなった。

     

    そうなると、敦賀が北陸新幹線の終着駅・始発駅となる。

    バカみたいな話だが、現実にはそうなる。

     

    例えば。

    大阪・京都からの「サンダーバード」は敦賀で止まる。

    客は北陸新幹線に乗り換え金沢まで行き、金沢で七尾線に

    乗り換え、和倉温泉を目指すことになる。

     

    今なら一日に一本、大阪ー和倉温泉直通の「サンダーバー

    ド」が走ってる。

     

    もし敦賀で工事が止まったら?

    和倉温泉関係者は「ムチャクチャや」と嘆いている。

     

    とんでもない無駄遣いだ。

    無駄だと知ってても造るのが日本なのか?

    それが何十年も何十年も続いてきた訳で。

    今さら変えられないか。

     

    ー 寄らしむべし、知らしむべからず −

     

    そんな感じだなー。

    何かね、重大な理由があるのかも知れないが、国民には

    知らさない。揉めると思うんだろうね。

     

    「北陸新幹線は20年ほど前に完成してるはずだった。

     それを止めたのは福井県の政治事情です。何度も実現

     する機会はあったんです。北陸が豊かになる機会を失

     くした原因は、福井県の事情なんです」

     

    今回、北國新聞「敦賀を望んで」の中で、森喜朗元総理

    はそう発言された。

     

    政治が足を引っ張った?

    もしそうなら、自民党はいらない。

    自己利益の為に、北陸経済を犠牲にしたなんて政治家は

    いてもらっては困る。

     

    古臭い糸を切るには、このコロナ騒ぎが役に立つ。

    キレイゴトや、お為ごかしはいらない。

    そんなのはもういい。

     

    古臭い絆を、もう役に立たない絆を断ち切るのも、保守

    の役目。一歩も二歩も前に進むチャンスだ。

    野党もまたこのチャンスをものにして欲しい。

    自民党も底力を発揮してもらいたい。

     

    もう元には戻らない。

    何かは変わる。

    そう信じる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:43 | comments(0) | - | - | - |