RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 栄冠は誰に輝く? | main | 競輪場は哲学教室か? >>
テレビは常に情報を隠す
0

    3月31日   快晴    起床7時

     

    朝食     ポテトサラダ

           粕汁

           笹寿司

           イチゴ

     

    志村けんさんは突然に現れ、あっという間に消え

    去った。凄い運命の人だ。

     

    メタバリアの効き目はまだあらわれない。

    永遠に現れないような気がして来た。

    これじゃ、福井駅前のライザップかいな?

    なんてね。

     

    今日はマッツ出勤の前に、自転車で芦城公園の桜を見に

    行った。見物する人はいなかったが、桜は8分ほど咲い

    ていた。

     

    こっちの見方のせいだが、今年の桜は乾いて見えた。

    ドライな感じがした。でも、花は淡く甘く匂った。

    去年までは豪華さを求めて桜を観たが、今年は、道端で

    咲くタンポポを見るように桜を見た。

     

    様々なストーリーを引き算して花を眺めた。

    桜の花は、けっこう可憐だと気付いた。

    いや、豪華絢爛とばかり思っていた訳で。

     

    ー 相変わらずアホなテレビ・メディア −

     

    今回のコロナもそうだが、国民大衆のコロナに対するイメ

    ージの99%はマスメディアが作る。僕らはメディアに操

    作され生きている。

     

    コロナは先が見えない。

    見えないことを利用して、テレビのコメンテイターは持論

    をひけらかす。

     

    勝手なことを云うだけ云っておいて、「でも結局は、決め

    るのは政治家ですから」と、最後はいなす。

    なら、発言するな!

     

    政治家や政府に責任転嫁するような話はするな!

    実に卑怯だ。

    特に朝日系、左翼系のコメンテイターは酷い。

    この期に及んでも政府批判の為の批判をする。

     

    国民は怯えている。

    コロナウイルスに感染する事だけじゃない、明日の自分

    を想像するのが怖い。路頭に迷う自身の姿に怯える。

     

    生き詰まって自殺を考えている人も大勢いるだろう。

    廃業、転職。国民の8割は悩んでいると思う。

    「もう元に戻らないんじゃないか?」

    志村さんじゃないが、世界の終わりは突然に現れた。

     

    でも、どこか楽観的になろう。

    思いつめても意味はない。成るようになるだ。

     

    ー 世界はなかなか終わらないもんでっせ −

     

    絶対荒れると思ってたレースが、意外にも一番人気で決着

    したり、また、その逆も往々にして起きる。

    予想は必ず外れる。そうなってるのよ、世の中は。

     

    世間の思いとは逆に行く。

    ギャンブルやってれば常識だけどね。

    やったことは無いが、多分、株も同じだろう。

     

    「現実」というものは、ムチャクチャ意地が悪い。

    人をだますのが大好きだ。

    罠を掛けマクるし、ハメまくる。

     

    だから、逆、ね。

    逆を考えると少しは冷静になるから。

    勢い込んでキメて掛かると必ず失敗する。

    因みに、勢い込んで馬券を買いハズれるのを山口瞳氏は、

    「飛び込み自殺」と云った。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(0) | - | - | - |