RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< テレビは常に情報を隠す | main | コロナ克服大作戦 >>
競輪場は哲学教室か?
0

    4月2日    小雨    起床7時半

     

    朝食    玉子巻き

          レタスサラダ

          肉団子

          ご飯

          牛乳

     

    昨日の定休日。

    家から一歩も出なかった。

    午後はアンプを使いエレキを弾いた。

     

    基本は歌の練習。

    ロックンロールに少し乗り遅れる気がする。

    どんな歌も同じ、歌の最後が遅れるように思う。

     

    ー 突っ込んでゆけない −

     

    ノリに任せて前に突っ込めない。

    まあ、大したことではないが。

    ロックンロールを基本とする僕としては気になる。

     

    ー 歌唱法 −

     

    68歳になって何を今さらだが、歌唱が良くない。

    特に語尾が弱い。

    日本語では気にならないが、英語だと顕著だ。

    歌い終わりにリズムを取らなくなってるのかも。

     

    歌い方なんてものは出鱈目でいい。

    自分が納得すれば良いだけのこと。

    でも自分なりに、自分の芸に、磨きを掛けなくてはいけ

    ない。

     

    ー こう云う時だから、出来ることをして置く −

     

    お先真っ暗だから逆に、自分自身と、自分の足元の総点検

    をしようと思う。

     

    本当にやりたいことはやれているだろうか?

    他に何かやり残したことはないか?

    このまま死んでも後悔しないのか?

    自分の作曲や歌唱のスタイルは、確立しているだろうか?

     

    ー 人間なんて −

     

    だいたい人間は間違う。

    自分を振り返れば、恥ずかしい事しかしていない。

    「何故だ!」と思うが、どうしようもない。

     

    人間は常に狂っているのかも知れない。

    正しい選択など、一生に1度あるかないか。

    ほとんどのことは間違える。

    気持ちいいほどに。

     

    ー 間違えついでに −

     

    競輪の面白さは、日本人にしか分からないんじゃないか。

    ガチガチの一番人気で決定したとしても「何かの間違い」

    に思える。

     

    3連単で5万円、6万円の配当で、「やっぱりな」と思う。

    「うんうん、そうだろうね、買わなかった俺が悪い」

    20万、40万の配当のレースでさえ「成る程ね」と思

    える。完全に狂ってる。競馬はこんな風ではない。

     

    ー 何が起きるか分からない −

     

    その究極が競輪だと思う。

    やったことのない人はぜひ1度競輪場に行って、体現して

    欲しい。こんなに危ないギャンブルは他にはない。

     

    「絶対に負けるから。競輪は絶対勝てないから」

    40年、50年やってる人が云うんだから間違いない。

     

    ー ついでに云うけど −

     

    人は勝つために競輪場に行ってる訳じゃない。

    負けるから行ってる。

    負けないギャンブルがあったとして、そんなの面白くない

    でしょうが。

     

    でもね、「敗北の美学」じゃないからね。

    そう思ってる人も結構いるけど、そうじゃない。

    美学じゃない。

     

    確認だから。

    そう、確認なんです。

     

    現実に起きることは、なかなか予測できない。

    予測どころか、難しすぎて先など読めない。

    滅多に正解に出合わない訳で。

     

    生きてる確認の為に競輪は存在する。

    だから競馬は「ひよっこ」と云われる。

    競輪はいわゆる大学の哲学科かな?

    この世に答えなど、どこにもないんですから。

     

    ー さてと −

     

    桜は咲いてるけど。

    浮かれませんねー。

    でもね、それでいい。

     

    大の男が桜がどうしたなんて関係ない。

    目先の楽しみばかりに奔走するのは止めましょう。

    自分に金を掛けて、ビッグなご褒美をもらいましょう。

    皆さん、チャンスです。

    何にでも成れますから。

    発想が肝心。

    「発想」をいっせいに「発走」させましょう。

    なんてね、ウヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:23 | comments(1) | - | - | - |
    「発想」をいっせいに「発走」させましょう。 
     
    【いいねぇ】 
     
    発想を展開しすぎて、「辞典つくり」になってます。 
    | 本町T. | 2020/04/02 12:51 PM |