RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 競輪場は哲学教室か? | main | 70年代は今も続いている >>
コロナ克服大作戦
0

    4月6日    晴れ    起床6時

     

    朝食    焼き豚とレタスのサラダ

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    僕と同じ様に肥満の人は、メタバリアEXの効き目を

    知りたいんじゃなかろうか?

     

    開始5日目としては何も変化はない。

    ただ腹と云うか(腸内だと思うが)なんやらゴタついて

    いる。

     

    製造元のFUJIFILMによれば、それは腸内のビフィ

    ズス菌が増えて、腸内環境が整ってきたためとか。

    なんかなー、本当かなー。

     

    デブにとっては藁をもつかむ心境。フジを信用するしか

    ない。情けない話だが。

    でも、ただ体重が落ちるだけでは、体の筋肉がなくなるだ

    けだ。これでは痩せる意味がない。

     

    ー 歩数計を購入 −

     

    スマホなら専用アプリがあるみたいだけど。

    生憎こっちはガラケー。

    それで、オムロンの歩数計(1500円)を買った。

     

    昨日。

    さっそく歩数計をジーパンのポケットに忍ばせ、桜満開の

    芦城公園まで歩いた。

     

    歩き始めが一番しんどい。

    心臓が不全なのですぐにバテる。

    桜を眺める余裕なし。

     

    それでも公会堂まで歩き、「焼きまんじゅう」を買った。

    グダグダになりながらも歩き通し、どうにか帰宅。

    小一時間掛かった。

     

    歩数計を見ると4875歩。

    1万歩とはいかなかったが、まあ、こんなもんでしょう。

    本日は家から銀行を経由し、マッツまで歩いた。

    そこまでで約4000歩。

     

    コロナ・ショクなど忘れるしかない。

    忘れる為には、コロナ以上のマイナス因子を見つけ出し、

    脳味噌にショックを与える。

     

    ー 不格好な体形 −

     

    僕はこれでコロナを克服する。

    「ボーカルがこれでは話にならんぞ!」

    常にプレッシャーを与える。

     

    「顔も悪いがおまけにデブ」

    これですよこれ、除けて通りたいけどね。

    これは現実ですから、日々の現実。

     

    ー そう思いながら「焼きまんじゅう」2個

      ペロッとやから −

     

    スーパー・ボウルのハーフタイム・ショウ。

    あの時、ジェニファー・ロペスの太ももを見て思った。

    「人間はセクシーでなくちゃーね」

    父と母からもらったこの体を、ここまで醜くしたのは、

    俺やから。自分でしたんやから。

     

    太るのは楽やけど、痩せるのはホント苦しい。

    セクシーになるのはもっと苦しい。

     

    でもね、「ホテル・カリフォルニア」をコピーするのも

    えらいしんどかった。

    なんせ「キー」がBだから。普通はこれであきらめる。

     

    僕はまず「キー」を一音落としたAで歌った。

    3か月はAで歌ったと思う。そうするうちにBで歌える

    様になった。

     

    次に歌詞の暗記に取り掛かった。

    競輪場に行く電車の中で「書き取りテスト」を繰り返し

    た。

     

    一度覚えても、すぐに忘れる。

    悲しいほどに忘れる。

    若い頃に覚えた歌詞は忘れないのに。

     

    ー 課題を積み上げろ! −

     

    「デキシー・チキン」のコピーに取り掛かったが、これが

    また難しい。

    ローウエル・ジョージはロックであり、ラテンの人だ。

    コテコテのラテンとなると、リズム感が違う。

     

    今は、エレキだけではなく、アコースティクもやらないと

    いけない時代だ。

    色んな表現方法を持てば楽しい。

    そう思うと、やることはまだまだ有る。

     

    今日はここまでにしよう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:21 | comments(0) | - | - | - |