RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< コロナ克服大作戦 | main | 引っ掛かったことなど。 >>
70年代は今も続いている
0

    4月7日    晴れ    起床7時

     

    昼食    アジフライ&コロッケ

          ネギ・肉うどん

          ご飯

          ビスケット

          りんご

     

    飯を喰いながらニュース番組を観る。

    コメンティター達は、経験が全くないくせにドータラコ

    ータラ云い、それを司会者が「そうですね」なんて、C

    Mの時間を気にしながら進行する。

     

    笑わせるのは、ロック・ダウン(封鎖)出来ない事を恥じ

    るのではなく、「我が国にとっては必要ありません」と、

    首相までもがトンチンカンな軽口叩いたこと。

    何をビビってんのかな。

     

    どうしても云うことを聞かない輩が出現したら、どうする

    の?外国籍の人は暴れるでしょうが。

    意識的に反則したらどうすんの?強制力ないんだからね。

     

    ヨーロッパ人とかは野蛮で、日本人は平和愛好家とでも思

    ってんのかな?ちゃんと法律作っとかなアカンやろが!

     

    ー 先進国の常識は日本では非常識 −

     

    何故、ロック・ダウン出来ない方が良いの?

    普段はヨーロッパに憧れてるくせに、肝心の安全保障とな

    ると、俄然「独自性」を発揮する訳で。

    正に変態。

     

    日本が世界一やった昭和は遥か大昔。

    現実は医療で韓国に抜かれる程度の国。

    どうも、世界一リッチやった頃の幻影が、まだあちこちに

    くすぶっている。

     

    ー これが一番あぶない −

     

    「医療先進国日本」「インフラ世界一日本」「教育レベ

    ル世界最高日本」数えきれないけど。

     

    謙虚じゃないなー。

    どこか偉そうにしてる感があるなー。

    そんなんだから追い抜かれる。

    「世界一」やら「世界最高」なんて、なんの得にもならん。

     

    ー 「アパホテル」始業者は小松市出身 −

     

    僕は「アパ」と「東横イン」と「三木谷氏」は常に応援し

    ている。彼らは自社のホテルを利用してくれと申し出た。

    「楽天」がスマホに参入したら必ず入ると決めた。

     

    ー コロナの間に新しい音楽を模索 −

     

    眠る前にCDをかける。

    ここのとこは「ガルシアとグリスマン」のライブを聴きな

    がら眠る。

     

    誰かにもらったCDなので詳細は分からない。

    「シッティン・イン・ア・リンボ」

    「スリル・イズ・ゴーン」

    以外は知らない曲ばかり。

     

    とても挑戦的なライブだ。

    基本は真正カントリーだけど。

    そこに前衛、ジャズ、トラッドが加わる。

     

    めちゃくちゃハイ・ブロウ。

    客は歓喜の声で彼らの演奏に応える。

     

    「もっと先へ行こうぜ!」

    そんな声が聴こえるようだ。

    米国の底力は脅威。

    彼らの旅に終わりはなかった。

     

    ローカルのミュージシャンに期待する。

    「前に行く」を、ぜひコンセプトにして欲しい。

    男と女が一緒に前に進める歌を作ってくれ。

    恋とか愛で終わるんじゃなく、一緒に行動する歌を。

     

    それが70年代のコンセプトだったと思う。

    「新しい街」「新しい男と女」「新しい海」

    「新しい午後」

     

    ー 政治と音楽はピッタりくっついている −

     

    右とか左が問題なのではない。

    敢えて云えば、どっちでも良い。

     

    前に進めるのは誰れ?

    前とはいったい何処?

    あなたは進んでいるの?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:46 | comments(0) | - | - | - |