RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 70年代は今も続いている | main | 小松・スタイルでGO! >>
引っ掛かったことなど。
0

    4月9日    晴れ    起床6時

     

    昼食     押し寿し

           赤飯

           アジフライ

           豚汁

     

    晴れてるが寒い。

    まあ、身も心も温かい人はいないだろうが。

     

    こう云う時はじっくり世の中を考える良い機会だと思う。

    テレビメディアなどに惑わされず、自分の意見を磨くチャ

    ンスだ。

     

    スポーツ・ジムやナイトクラブが、実はどれほどの資金力

    があり、どれくらいなら収入ゼロでもやって行けるか?

    自分のこととして考えるのは大事だ。

     

    そもそも、ひと月収入ゼロで潰れる店はない。

    ふた月でもないだろう。

    店だけじゃない。

    個人で考えても、すぐにどうのこうのなる人は少ない。

     

    テレビはそこらあたりが出鱈目。

    ひと月も持たず自殺者が出ると騒ぐ。

     

    それにしても、大きな問題がいくつも出て来た。

    明治以来の「東京一極集中」は、今や災いの元だ。

     

    ー 散髪屋を閉店させて、満員電車を走らせる矛盾 −

     

    日本第二の人口を誇る横浜市でも、東京とは税収が雲泥

    の差。これもおかしい。

     

    ー せまっ苦しい23区に、1千万以上の人間がひし

      めいてるのも異常だ −

     

    一昨日だったか、NHKラジオで妙な話をしていた。

    NHKのディレクターか、作家だか、確かじゃないが、私

    見として述べた話が鋭いものだった。

     

    ー 彼は県別の出生率を調べた時に或ること

      に気付く −

     

    出生率一番は沖縄県。ここは1・8倍を超えている。

    これは納得だが、2位か3位が島根県。

    「あれっ」と思い、彼は調べると出生率トップテンに、東

    日本はひとつも入っていなかった。

     

    箱根の山で西日本と東日本に分けたんだけど、まあ、ざっ

    とね。

     

    驚いたことに西日本は女の割合が多く、東日本は男が多か

    った。そんなこと知ってました?

    この理由を追及すると、故郷に愛着をもつ人間が西日本

    に多いことが分かった。

     

    ー あくまでも、ラジオでの「彼」の私見ですけど −

     

    一度都会に出ても、女はいつか故郷に帰る。

    それで西日本は女が多いらしい。

    と、まあ、ここまでは「ほんとかいな」だったけど、彼の

    次の話で僕はひっくり返った。

     

    問題は東日本の女だ。

    (北陸から東を東日本とするんだけど)

     

    「東日本の女は一度東京に出ると、二度と故郷に戻らな

     んですね」そう彼は云った。

     

    ー もっと分かりやすく云うと −

     

    東京の大学に入った東日本の女は、東京で就職するが、ほ

    とんどは独身で一生を過ごす。

    そしてこれが、少子化の主たる原因だと彼は断言した。

     

    西日本と違い、東は東京に近い。

    女も男もホイホイ東京の大学に行く。

    東京一極集中は百害あって一利なしだ。

     

    もう一つ付け加えれば。

    西の方が子育てに関し、周辺の援護が厚いとか。

    隣近所が頼りになる訳で。

     

    ー 話は思わぬところに行きついたが −

     

    無駄な新幹線をこれでもかと造ったり、それでも足りず

    リニアを開発してみたり、よくもまあ、土建屋の懐を潤し

    続けてきたものだ。

     

    病気だ。間違いなく病気だ。

     

    治らない病気だ。

    役人が病気なのか、自民党が病気なのか、国民が病気な

    のか。

     

    医療施設も実はイタリアに及ばなかった。

    馬鹿にしていたイタリアやドイツには及ばない。

    人工呼吸器の数も、病床の数も。

     

    現実をみようや。

    神風は吹かんから。

    日本だけが神に選ばれた国じゃないから。

    保守がこんなこと云う国って他にないから。

     

    日本を誇りたい。

    その為に生きてる。

    祖国を誇れないなんて悲しいことはない。

     

    ずっとそうだ。

    学生の頃から。

    傾いた地面を傾いて歩いてきた。

    これからも傾いたままだろうね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:22 | comments(0) | - | - | - |