RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 引っ掛かったことなど。 | main | みすぼらしい日本は嫌だ! >>
小松・スタイルでGO!
0

    4月13日   小雨   起床6時半

     

    朝食    焼き豚

          レタスサラダ

          もやしの味噌汁

          納豆

          キムチ

          ご飯

     

    今日は朝から雨。

    気分転換に自転車でマッツへ。

    途中、雨が強くなったが構わず走る。

     

    小松高校天守閣裏の桜は葉桜。

    これはこれで、僕は好きだ。

    雨に濡れた葉桜の緑、その鮮やかなこと。

     

    11日の土曜日。

    何とか母親を説きふせ「えびすや」へ。

    カウンターには常連が二名。

     

    「これはこれは、感染の心配ない方々で有難い」

    なんて、ご挨拶をして芋焼酎お湯割りを注文。

     

    肴は刺身盛り合わせに、ブリかまの塩焼。

    何故か「えびすや」のブリかまは、日に日に旨くなる。

    脂の乗ったブリは、酒にムチャクチャ合う。

    焼き鳥も追加。

     

    ー 政治家の悪口を云いまくって気勢を上げる −

     

    こう云う非常時は右も左も関係ない。

    だいたいみんな頭に来てる。

    どうのこうの云う前に、10万円配っとけば良かったの

    にね。もう遅いわな。

     

    「月光亭」に歩いたが、灯りが消えている。

    「もしや!」と思ったが、当分店を閉めるとのこと。

    正に、行き場がなくなった。

     

    タクシーを待つ間、向かいの「アルバ」で持ち帰りのカ

    レーライスを買う。ついに禁を破った。カレーライスは

    角砂糖36個分に相当。

     

    糖質を気にしてる者には一番危ない食い物。

    家に帰り、茶の間でバクバク喰った。

    いやその旨いこと。

     

    ー メタバリアEXを服用し今日で16日目。

      何も変化ない。頼むぞ!富士フイルム −

     

    もし感染すれば、僕は心不全なので、即あの世に行くこと

    になる。病院から火葬場に直行。家族にも会えないまま

    生涯を終えるだろう。

     

    寝しなに、毎晩、グレートフル・デッドを聴く。

    やはりと云うか、デッド以外は聴かなくなった。

     

    1974年2月、サンフランシスコ、カウパレス。

    コンサート名「サウンド・テスト」

    あの日以上の衝撃は、我が人生に、ついに訪れなかった。

     

    ー 一緒に観た柴田徹はすでにいない −

     

    マーケットストリートの靴屋で、新品のウォーキングシュ

    ーズを手にし、「こんなラバーソウルの靴は、東京にはま

    だないからなー」なんて話をした柴田はもういない。

     

    僕はシスコに着いてすぐ、「ギブソン・ES175・S」を

    買った。衝動的に。

    羽田を飛び立った時、僕はすでに文無しだった。

     

    羽田で急にローンが成立しなくなり、旅行代理店に30万払

    った。小遣いはゼロ。ギターの購入金は柴田に借りた。

     

    柴田は古いジャズの中古屋をまわった。

    当時で、一枚2万円の中古レコードを買ったこともある。

     

    ふたりには「楽天」と「怠惰」と云う共通項があった。

    途中でシスコに飽きてしまい、早く日本に帰りたかった。

    後半、柴田も僕も、ホテルのベッドで寝てばかりいた。

     

    「柴田、今起きれば朝飯喰えるぞ」

    「お前食うてこいや、わしゃ眠い」

     

    「今日はエエ天気やぞ、柴田」

    「ほんなら、チェリーでも買うてきて喰うか?」

    「朝飯はパスしっか」

    「そうしょうさ、あとでチェリーやチェリー」

     

    アメリカン・チェリーと、カリフォルニア・ワインを毎

    日買いに出た。それが癖になり、帰国後も、僕はしばら

    くの間ワインを飲んだ。

     

    なんか、遺言めいてきた。

    仕方がない。柴田はいないんだから。

    「楽天」と「怠惰」はもしかして、小松人のスタイルか

    も知れない。

     

    僕と柴田の特性ではなく、小松人にはどこかにそんなとこ

    が有る様に思う。寺井町出身者や、根上出身者はキッチリ

    している。

     

    金沢出身者と似ているが、金沢の方がまだキチンとしてい

    ると思う。底が破れていない。そう、僕も柴田も、「底」

    に穴が空いている。

     

    それが、良くも悪くも「めんたんぴん」だった。

    レコード会社の会議に、柴田は3時間遅れてきたという伝

    説がある。

     

    レコード会社を肩で風切って歩いたとか。

    全く売れてないバンドのマネージャーが、一番態度がデカ

    かったと云う人がいた。

     

    ー さもありなん −

     

    良いじゃないか、それで。

    柴田は柴田を生きた。僕は僕を生きる。

    いびつだろうが、出来損ないだろうが、構わない。

    それが小松のスタイルかも。

    そう考えた方が楽しい。

    楽しいならそれで充分ですよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:35 | comments(0) | - | - | - |