RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 小松・スタイルでGO! | main | 敵はコロナ、皆殺しせよ! >>
みすぼらしい日本は嫌だ!
0

    4月14日   晴れ   起床8時15分

     

    朝食    厚切りベーコン&エッグ

          レタスサラダ(チョレギ・ドレッシング)

          味噌汁

          納豆

          ご飯

     

    昨日の午後3時。

    雨に打たれながら、自転車でマッツから家に走った。

    そして、タクシーに母親を乗せ、近くの医院へ行った。

     

    「太ももが腫れてしもた」

    「ほなら、医者に注射打ってもらえや」

     

    母はなかなか医者に行かない。

    なのに僕に病状を訴えたとなると、かなり痛いのだろう。

    腫れて堅くなった辺りに注射を打ってもらった。

     

    ー 少し楽になったわ −

     

    病院から帰った途端、母は饒舌になり軽口を叩くように

    なった。取り敢えず落着。

     

    夜12時までコロナ関係のニュースを観たのち、寝床に入

    った。寝床で本を読んだ。

     

    ー デニス・ルヘイン著「スコッチに涙を託して」 −

     

    「探偵パトリック&アンジー」シリーズの一作目だったか

    な。解説に寄ればこの一作でデニス・ルヘインは有名にな

    った。

     

    作品中に、青のロード・スターを飛ばしながら、エグザイ

    ル・オン・ザ・メインストリートを聴いたとある。

     

    ルヘインは確か1965年生まれ。

    なかなかにロックに詳しい。

    日本でロックに詳しい作家と云えば、村上春樹しかいな

    い。まあ、村上龍もいたか。

     

    映画にもなったが。 

    「スローなブギにしてくれ」なんて題名は良く分からない。

    そもそも「スローなブギ」なんて言葉は使わない。

    ブギはテンポが速くないと面白くも何ともない。

     

    「スロウなブルース」なら分かる。

    片桐さんはかなりなロック通だと思う。あえてそんな題名

    を付けたのかも知れないが。

     

    ー 話を戻して −

     

    ルヘインを、1時間ぐらい読んだところで睡魔に襲われ、

    眠った。それから母に起こされるまで、僕は爆睡した。

    ほんと、久し振りに良く眠った。

     

    昨日。

    病院から帰った僕と母ふたりとも、手を洗わなかった。

    これはマズイ。病院はマズイ。

    おまけに二人ともマスクをしていなかった。

     

    晩飯を喰い終わって手を洗った。

    これじゃあ遅い。意味がない。

    気になって、しばらく手のひらをじっと見つめた。

     

    小松市駅前の英会話教室から感染者がひとり出た。

    マッツとの距離がえらい近い。

    10万人当たりの感染者数で、金沢は東京を抜きトップ。

    市内3カ所でクラスターが発生している。

     

    記者会見で、谷本石川県知事の顔は引き攣っていた。

    マスクから出た眼は小さく、眼と眼は大きく離れていた。

    6選も7選もしてる男は、最後に地獄を見るハメになった。

     

    この国の弱点が嫌と云うほどあぶり出される。

    毎日毎日。あそこから、ここから。

    或る医療関係者は云った。

     

    「そもそも以前から、検査体制そのものは、韓国に追い

     つけないんです」

     

    ー 離れ小島でどこ吹く風はアカンぞ −

     

    二代目三代目が当たり前の政治家たち。

    給料が安く寝るヒマもなく、ついになり手が半減した

    官僚たち。これでは駄目でしょう。

     

    橋下徹さんが叫んだように、9割の政治家はいらない。

    「議院内閣制」そのものが、もうこの国には合わない。

    天皇の存在が「大統領制」を阻むのか?

    この国に元首はふたりいらないと。

     

    そうじゃないだろ!

    建前の話してる場合じゃない!

     

    天皇も国民も等しく、皆この国を守ろうとしてる。

    「何故守るのか?」

    知るか、そんなこと!

     

    敢えて云えば、人間だからだろうな。

    人間はそうなんだよ、きっと。

     

    現実を正しく認識するチャンスだ。

    そうしなければ、明日は生まれない。

    恐れず現実を見よう。

     

    アホならアホでいいじゃないか。

    アホなのに賢いと思ってる方が、もっとアホだ。

     

      BETWEEN THE  DAWN AND

      THE DARK OF NIGHT

     

    日本は闇のなかにある。

    正に、闇のなかを彷徨っている。

    どこが前で、どこが後ろかも分からず。

     

    互いに導き合う日が来るのだろうか。

    助け合い、支え合う日は来るのか。

     

       IF I KNEW THE WAY

       I WOULD TAKE YOU HOME

     

    BY ー RIPPLE −

     

    グレートグル・デッド、20代の頃の歌。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:14 | comments(0) | - | - | - |