RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 敵はコロナ、皆殺しせよ! | main | ルヘインに学び、フィフィに叱られ。 >>
小松はミステリの宝庫になる。
0

    4月20日   曇り   起床6時

     

    朝食    焼きそば

     

    昨日の「Mr.サンデー」に寄れば。

    7月に、コロナ・ワクチンは試験投与され、8・9

    月中には、誰もがワクチンの投与を受けられる。

     

    ようやく光が見えたかも。

    有り難い。

    ワクチンはもちろん国産。

     

    妻に云わすと。

     

    「あの学者を宮根は信用してるのよ。ワクチンの

     話はずっと云い続けてる。でもどうかなー?」

     

    女はなかなかにしぶとい。

     

    ー まだパッチをはく ? − 

     

    朝、久し振りにシャワー。

    もう4月20日だし、パッチをやめようと思ったが、風邪

    を引きそうな気がしてやめた。

     

    やはり、心が寒いと体も寒い。

    おまけに、他人と会うのを8割減らせと云う。

    僕の様に、そもそも、付き合いの悪い男はどうってこと

    はないが、にぎやかな人は、やってられないだろう。

     

    ー 「一億総売れないミュージシャン」と化した −

     

    こうなると色んな事が見えてくる。

    人は「誰かが作った流れに乗っているだけ」なのが良く

    分かる。自分で「流れ」を作れる人は希だ。

     

    バイトのH君(60歳)は今が楽しいと云う。

    「みんなが不幸な目に会うのは、実に楽しいですね」

    まあ、本音ではないと思うが、どうだろう。

     

    売れないミュージシャンにとって、一年間無収入なんての

    はざらなこと。闇営業ならぬ、バイトで食いつなぐしかな

    い。それは資本主義のルール。

     

    そんな暮らしが、死ぬまで続くと思うと暗くなるが。

    ここは「成るようになる」と思うしかない。

    先の先まで考えても、多分、考え通りにはならない。

     

    ー 外出禁止なので、ミステリの番外を −

     

    ミステリ作家デニス・ルヘインの話を。

    デビュー作「スコッチに涙を託して」の文中に、彼の

    ロック感がよく出ている。

     

    車で、「エグザイル・オン・メイン・ストリート」を聴い

    ていると、相棒のアンジーが突然、取り出しボタンを押し

    た。飛び出したカセットは床に落ちた。

     

    ー ちょうど「シャイン・ア・ライト」の曲の真ん中

     だった。ばちあたりめ。「拾えよ」わたしはいった。

     

    ー「もっと新しい音楽はないの?」新しい音楽とは、た

     ぶん、アンジーが聴くようなバンドのことなのだろう。

     デペッシュ・モードとかザ・スミスとか云う名前がつ

     いていたと思うが、わたしには全部同じに聴こえた。

     

    ーどれもこれも、精神分裂病の薬漬けになっている、イ

     ギリスのやせこけたイカレ白人であることに変わりは

     ない。

     

    ー ローリング・ストーンズも、活動をはじめたばかり

     の頃はイギリスのやせこけたイカレ白人だったが、精

     神分裂病の薬を飲んでいるようには聞こえなかった。

     たとえ実際にはそうであったとしても。

     

    もう、これだけで、彼の作品を読みたくなるでしょう。

    「やせこけたイカレ白人」なんて、たまりませんね。

     

    でもね、前にも書いたけど、ルヘインの舞台になるボスト

    ンは、かなり危ない街だ。日本人の女の子がごまんと留

    学してるけど、どうなんだろうね。

     

    東海岸は静かで安全なんて話は、日本人の勝手な思い込み

    に過ぎない。ボストン茶会事件や、禁酒法のもと、シカゴ

    のギャング達に流れた酒のほとんどは、世界中からボスト

    ンに集まった。

     

    そこいらじゅうのギャング達がボストンで大儲けした。

    ハーバード大学の街として知られるが、なんのなんの大犯

    罪都市だ。

     

    以上の知識はすべてルヘインの作品で得た。

    ボストン・ドチェスターを心から愛するルヘインが云うん

    だから、信じてもいいんじゃないの。

     

    ー 一つの街に一つのミステリを −

     

    ヒマなひとに薦める。

    どこにもあるような「街おこし」をするよりは、自分の街

    を舞台とした、身も凍るようなミステリを書いたらどうか。

     

    極悪人を仕立てるのは楽しそうだ。

    あとは、想像力有るのみ。

    新しい名所を作るつもりで、どうですかね。

     

    「小松奉行所覚え書き・龍助町真昼の心中」

    「飴売り庄一・殺人の伝説的仕掛け」

    「月光亭殺人事件・バーボンのトリック」

    「梯川連続殺人・冬の河原に白骨が並ぶ」

     

    「探偵・筒井幸助登場」なんてのも面白い。

    妙に乗って来たのでここまで。

    名前を使った「月光亭」「筒井君」、見て見ぬフリでヨロ

    シクお願いします。それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:41 | comments(0) | - | - | - |