RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 小松はミステリの宝庫になる。 | main | コロナにビビりながら考えた。 >>
ルヘインに学び、フィフィに叱られ。
0

    4月21日    晴れ   起床5時半

     

    昼食     焼き豚&キムチ

           きゅうりの九ちゃん

           豆腐とナメコの味噌汁

           太巻き

     

    手帳を見ると、4月11日「えびすや」で酒を飲み、

    フラフラ歩いて「月光亭」に行くと、店は閉じて

    いたとある。

     

    すなわち!

     

    僕は4月11日から酒を飲んでいない。

     

    しからば!

     

    10日間酒を抜いたんだから、それだけで痩せていいんじ

    ゃないの?あごの線が戻ってきてもいいんじゃない?      

    どうなのよ、富士フィルムさんよ!

     

    あのね、定期お届けサービスのさ、初回だけ20%割引に

    誘われて入ったんだからさ、なんとしてもさ、効き目が出

    て欲しいわけでさ。

     

    ー ミステリ作家・デニス・ルヘインに学ぶ −

     

    エルキュール・ポアロも、シャーロック・ホームズも、僕

    の知る限り、人は殺さない。

     

    ルヘイン作品に登場する主人公は、ときに人を殺す。

    「ミスティック・リバー」然り、「探偵・パトリック&

    アンジー」然り。

     

    探偵パトリックは処女作において、どうしようもないギャ

    ングの頭に、二発弾丸をぶち込み、殺してしまう。

    警察も薄々は知っている。知ってはいるが捜査しない。

     

    「パトリック、お前がやったんじゃないかって噂だぜ」

    仲のいい警官はそこまで匂わすが、それ以上は踏み込ま

    ない。

     

    「銃の国の住人たち」は日本人とは違う。

    パトリックだけではなく、アンジーも人を撃ち殺した過去

    を持っている。

     

    正しいと思えば、彼らは人を殺す。

    ここらあたりが、米国ミステリの醍醐味だ。

    「殺し」「殺され」が日常の国。

    誰も抜け出ることは出来ない国。

     

    明智光秀が信長を暗殺したなんて話は、米国では日常で

    あり、現在も戦国時代みたいなものだ。

    誰でも銃を持てる。女だから、男だから、なんて区別は

    銃のもとには関係ない。

     

    或る人間を殺そうと思えば、殺せる。

    殺されるかも知れないと自覚すれば、多少の確率ではあ

    るが、助かるかもしれないが。

     

    でも、油断していれば。

    「あいつは俺を殺しには来ない」そう思い込めば危うい。

    油断してる相手を殺せる確率は、100%に近いとルヘイ

    ンは云う。

     

    「油断してる相手の殺害に失敗があるとすれば、それは、

    つまずくとか、殺す前に車に轢かれるとか、思いがけず

    不可抗力が起きた場合しかない」

     

    この話は、殺人ではなく、国防に置き換えると理解でき

    る。他国に狙われたら、助かる道は、ほぼない。

     

    中国に狙われている。

    北朝鮮に狙われている。

    この頃は韓国に狙われている。

     

    彼らが本気になれば、菊で日本は息の根が止まる。

    「島国の民」は、国防を真剣に考えない。

    「地続きの民」は、一年中国防を考える。

     

    ネットで、エジプト出身のフィフイが吠える。

     

    「アベノマスクとか言って、茶化すのはうまいのね、

     今の日本人は」

     

    「マスクが汚れていたとか文句云うけど、一度に大

     量のマスク作ったんでしょう!不良品も出るわよ!

     命が助かる様にと、そう願って作ってくれてんで

     しょう!」

     

    「こんな日本人は見たくなかった。品のない日本人

     を。みんなで政府の足を引っ張る。こんな日本人

     は見たくなかったわ!」

     

    すんません。

    「品がない」んじゃなく「卑怯もん」なんです。

    誰かのせいにしないと、やってられないんですね。

    すんません。マスク、有難く頂戴します。ハイ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:49 | comments(0) | - | - | - |