RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< コロナにビビりながら考えた。 | main | オール・ダウン・ザ・ライン >>
春にして君を想う
0

    4月27日   晴れ   起床5時

     

    昼食    チキンのトマト煮

          寿司・盛り合わせ

          きゅうりの九ちゃん

          キムチ

     

    なんか、体重が減った気がする。

    メタバリアを飲み始めたのは3月28日。

    丁度ひと月前。

     

    10日前あたりから、腸の具合が良くなった。

    僕はこのひと月、一度も欠かすことなく、食前にメタバ

    リアを服用した。

     

    先週からは夕食を、オジア(おかゆ)のみとした。

    事実上、二食+α。

    晩飯の比重を極力軽くし、反対に朝食を少し豪華にした。

     

    ー 食事を改善して分かったが −

     

    朝、昼、晩と、僕はかなり高カロリーな食事をして来た。

    「手抜き」的な食事が全くない。

    どの食事もキッチリとしたメイン料理があり、サブがいく

    つかあり、「喰ったなー」的充実感に満ちている。

     

    ー ステイ・ホームを有効に −

     

    マッツは今のとこ5月一杯は休業。

    その間にパソコンを買うか、もう一本アコギを買うか、

    新しい自転車を買うか、迷っている。

     

    新しい、ナウイ自転車を買えば、好きな所へ行ける。

    なかなか魅力的だ。

     

    アコギはステージのみで使ういい奴を。

    ユー・チューブで、ジョン・プラインのライブを観て欲し

    くなった。

     

    マーチンでもギブソンでもなく、僕はヤマハを買おうかと

    思ってる。色も模様もなく、ただ木目のギター。

     

    ー パソコンは微妙 −

     

    こんなものを自室に置いたら、どうなるんだろう。

    疲れ果てるまで見まくり、部屋から出なくなる。

    確実にそうなる。

     

    ー ライブの構想 −

     

    ガルシアとグリスマンのライブを聴いて思ったんだけど。

    これからはバンドに、ドラムはいらない。

    もしピアノがいたら、ドラムの必要性はかなり低くなる。

     

    ー 僕が思うバンドの構成は −

     

    ツィン・ドラムならぬ、ツィン・パーカッションでどうか。

    パーカッション担当が二人いるバンドが理想だ。

    これは面白い。色んなことがやれる。

     

    ー ステージのオープニングは、ふたりのリズム・

      セッションで −

     

    これを5・6分やったら楽しい。

    ミディアムなテンポで淡々と。

    難しいことは決してしない。

     

    そのまま、一曲目の歌に入る。

    何と云うか、日常から非日常にスッと入る。

     

    ー ややこしく云うと −

     

    「非日常」な「日常」に入る訳ね。

    客も奏者も同じ呼吸に。

    呼吸を合わせ、心臓の心拍を合わせる。

    僕は心不全なので出来ないけど、ウヒヒヒ。

     

    パーカッションがふたりに、隠れドラマーをひとり。

    ドラマーは最後の最後に登場する。

    ドラマーの役目は「どんでん返し」

     

    ミステリの最後に、必ず用意されてるじゃないですか。

    「大・どんでん返し」が。

    淡々と行くと見せかけて、最後はドッカンね。

    底の底からひっくりかえす。

     

    ー 作詞の方向は今のとこふたつ −

     

    ひとつは、アガサ・クリスティ。

    もうひとつは、デニス・ルヘイン。

     

    ルヘインのテーストはストーンズ。これ間違いない。

    アガサは、ルヘインより大人しく見えるが、なんのなん

    の、スケールと桁がひとつ違う。

     

    ー アガサは決して虚無にならない −

     

    音楽に例えれば。

    フォークではない。ポップスでは決してない。

    カントリーでもないし、ロックでもない。

    洗練されたトラッドに、近いかな。

     

    アガサ的モノの見方は、世界の常識に一番近い気がする。

    誰もが納得するモノの見方。

    僕は好きやね。

     

    常識から遠いとこにいる僕でも、アガサは好きや。

    何とも言えんロマンチックなとこがある。

    洗練し過ぎず、素朴であり、愛国的であり、虚無に陥ら

    ず、エレガントであり、紳士的だ。

     

    昔の日本人やないか!

    なんて、思うのけど。

    短絡的なんかね?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:02 | comments(0) | - | - | - |