RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春にして君を想う | main | なぜ少女は現れたのか? >>
オール・ダウン・ザ・ライン
0

    4月28日    晴れ   起床6時

     

    昼食    ブリの刺身

          ナメコと豆腐の味噌汁

          ブロッコリー・マヨネーズ

          金時豆

          ナスときゅうりの漬物

          ご飯

     

    目出度く、巨大デカ腹が、普通にデカイ腹になった。

    やっぱ、やるなー、富士フイルムさんよ!

     

    腹部前方にくくりつけられていた重い沢庵石は、間引きさ

    れる寸前の、スイカぐらいの軽さになった。

    いやー、うれしい。

     

    なんとかこのまま行きたいが。

    コロナみたいに、2波3波と、リバウンドは襲ってくるん

    だろうなー。終結宣言はまだトンネルの向こうか!

     

    ジーンズのサイズは現在40インチ。

    これを何とか38インチにしたい。

    それ以上体重が急激に減ると、今度は足腰が変調を来た

    す。

     

    デブと云うことは、筋肉量もそれなりに有る訳で。

    でも、ヘタに痩せると、ご存知のように、筋肉が減る。

    最初にケツの肉が落ち、自転車に長い間乗れなくなる。

     

    ここだよなー、難しいのは。

    でも、心不全の身には、体重が減るのは大歓迎。

    少しでも心臓の負担は軽くしたい。

     

    ー まず最初に作りたい曲 −

     

    これははっきりしている。

    一曲は青春時代から今に至る「道程」を描く。

    もう一曲は秘密。ここでは発表しない。

     

    世間がこんな按配でなければ、どこかの安旅館に泊まり込

    んで、仕上げてしまうのに。

     

    キチンとした日常の暮らしでは、なかなか曲は出来ない。

    競輪でボロクソに負けるとかしないと、曲を仕上げる馬力

    が出ない。

     

    ー なんてね −

     

    まあ、人のせいにしてるわな。

    言い分けばっかしや!なあ。

     

    ー 曲作り・解説 −

     

    拙作・「砂の中に消える」

     

    この曲は、

    「流れ着いた丸太に腰掛けて、目を上げると夕日は沈むと

    き」で始まる。

     

    この歳になって思うんだけど。
    日本海側の砂浜と、太平洋側の砂浜では、ニュアンスが

    かなり違う。

     

    例えば。

    「君を見つけたこの渚で・・」は、太平洋側の歌だ。

    日本海側に「なぎさ」なんてものはない。

     

    千里浜に「なぎさドライブ・ウェイ」はあるが、これは

    「なぎさ」を付け足したに過ぎない。

     

    僕が高校生だった頃。

    日本海側の海岸は、拉致事件の舞台になったように、何故

    か不気味だった。「夜の海には近ずくな!」との、暗黙の

    了解があった。

     

    そんなこと重々承知のうえで、若い男と女が夜の砂浜にい

    る訳で。状況的に、すでにこの二人は少し狂っている。

    夜の砂浜は、決してロマンチックな場所ではない。

     

    最近、こう云うことが気になる訳で。

    歳を喰ったこともあるが、北陸・小松を僕なりに、俯瞰し

    始めたのかなー。

     

    雪の降る情景を、九州の人は歌えないんじゃないか。

    逆に、四国・九州の歌を、北陸の人間は作れない。

    ザックリ云えば、西日本と東日本では、気候がかなり違う。

    気候が違えば、感情も文化も当然違う。

     

    ー 何かこの、ごちゃまぜが、各々の地方の文化を

      閉じ込めてしまったんじゃないかな −

     

    東京の歌、大阪の歌、博多の歌、北海道の歌。

    それ以外は無いのと同じ。

    僕はヒガンで云ってるつもりはない。

     

    そうじゃなく、ローカル(国を形成する大切なパーツ)が

    機能していない。東京ひとつあれば良いと思ってるんだろ

    う。

     

    面白いのは、コテコテの沖縄の音楽が、意外にも、日本中

    に広まったこと。これでは、沖縄にだけ文化があると実証

    したようなものだ。

     

    ロックが掘り起こさない限り、日本は文化不毛になる。

    キレイゴトのフォークやポップスだけでは、どうしようも

    ない。

     

    武士や貴族の、特権階級が残した文化遺産は豊富にあるが、

    いち百姓、いち商人、いち鍛冶屋が残した庶民文化は、皆

    無に等しい。

     

    信長も秀吉も家康も、関係ないと云えば関係ない。

    支配者だけで、日本の文化を語って、ことは収まるの?

     

      僕は信長になりたくない

      僕は秀吉になりたくない

      僕は家康になりたくない

     

    ここら辺から歌わないと、このカチカチの文化構造は崩せ

    ない。

      「お前はどうしたいんだ!」これが問い。

      「お前は一体何者だ!」18の頃からの問いだ。

     

    伝統と文化の再構築こそが、ビートルズの成した、主たる

    功績であり、別の言い方をすれば、「音楽による革命」だ

    った。僕も君も、その前線を、戦線を歩んでいる。

    そのことを忘れるな!

     

    ストーンズ風に云えば、

    「オール・ダウン・ザ・ライン」

    みんな、位置に着いたか!

    日本のロックはまだまだこれから。

    行くぞ!ロッケン・ローーール!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:58 | comments(0) | - | - | - |