RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< オール・ダウン・ザ・ライン | main | 玉を打つ >>
なぜ少女は現れたのか?
0

    4月30日    晴れ    起床6時

     

    朝食    焼き豚

          キャベツと卵のマヨネーズ炒め

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    歩数計を見ると、昨日一日の、僕の歩数は349歩。

    家にいたからなー。それにしても少ないわ。

     

    かと言って、オロオロと出掛けるにしても、行くとこな

    いし。ウォーキングすればいいけど、どうもなー。

    土手はけっこう人が走ってるし、風邪も強い。

     

    ー こんな日は日常にかまけるに限る −

     

    Gジャンやらチノパンやら、どうでも良いもんを洗濯。

    洗っても、洗わなくても、体制に影響ない奴ね。

    昼食は今年初めての「ひやむぎ」

    母は麺類が好きじゃないので、スーパーの弁当。

     

    天気が良いので、二階の窓を開け放った。

    気持ちいい!

    ついでに冬の間はやしたひげを剃った。

     

      ー 夢 −

     

    小松の山奥に、300キロ級の大蛇がいるとのドキュメ

    ント風の夢をみた。

    僕は山の上から、蛇がいる大きな湖を見下ろした。

    湖はひとつではなく、いくつも繋がっていた。

    これらすべては空撮された情景。

     

    そこはアマゾンも真っ青の未開の地。

    「こんな場所、小松にあったっけ?」

    僕を奥地に案内してくれる少女が突然現れる。

     

    少女の顔は幼稚園児みたいに幼くてかわいい。

    「赤ちゃんみたいな顔やね」

    そう云うと少女は物凄く喜んだ。

    「なんでこんなにうれしいんやろ?」

     

    未開人が住んでる部落をいくつも越える。

    湿ってぬるぬるの急な坂を登ると、人ひとりがやっと

    通れるくらい道は細くなった。

    少女も僕も黙々と歩き続ける。

     

    広い道に出た。

    少女は僕に寄り添って歩き始める。

    時々、僕の顔を覗き見る。彼女はまだ微笑んでいる。

     

    「でも、これはおかしい。300キロもの大蛇は、一体

     何を喰ってるのか?」

     

    そう思った途端、未開の地は、どこかのありふれた住宅地

    に変った。僕はアスファルトの上で立ち尽くした。

     

    「どこへ行けばいいんだ?」

     

    現実に戻った。

    つまらない現実に。

    そして、少女も何処かへ消えた。

     

    ー コロナでコロリ −

     

    コロナと云うからピンと来ない。

    コロリと云えば誰もが恐れる。

     

    あえて、皆が思ってる胸の内を云えば。

    まともなのは、北海道知事と大阪の吉村さんだけ。

    維新の会に対する支持は立憲を上回ったとか。

    そりゃそうだ。

     

    旧自治省OBの知事では難局は乗り切れない。

    そもそも、知事の数が多すぎる。

    47人もいれば、知事会もヘッタクレもない。

     

    道州制にしとけば、我々は政府だけではなく、身近に心強

    い味方を持てたのに。

     

    いち政府が47都道府県をコントロール出来ない。

    平時なら何と云うことはないが。

    こんな戦時、非常時では、役人上がりの知事では無理だ。

     

    70代半ばから80代の政治家は、恥をかく前に勇退して

    欲しい。実に見苦しい。周りをイエスマンばかりにして、

    どうしようと云うんだ。

     

    日本人に、議員内閣制は合わない。

    僕は断固そう思う。

    役人の作った原稿を棒読みする政治家を、なぜ大臣にしな

    くてはいけないのか!

     

    大統領制の方が、遥かに日本人には合う。

    明治維新を見ても、トップダウンが功を奏した。

    侍が刀を捨て、髷を切り、洋服に変えたのだから、日本人

    の本質は、実は、変化に強いんじゃないかとさえ思う。

     

    逆に、「国民のしたいことを叶える」では、ニッチモサッ

    チモ、前に進まない。

     

     

    コロナで分かったこと。

    「始動が遅い」「指示が統一されていない」

    「すべて現場に任せて知らんぷり」「決断できない」

    強権発動の方が、日本人は力を発揮すると思う。

      

    偉そうに云ってるけどね。 

    これだけ世界から、韓国から、アホだと云われるとね、

    つい反抗したくなる訳で、悔しいなー。

    経済復興が遅れに遅れたら、内閣総辞職ぐらいじゃ済まな

    いぜ。

     

    コロナでコロリと行きそうだけど。

    好きなこと云ってコロリなら、文句はないか。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:48 | comments(1) | - | - | - |
    病院のベッドの上とか、畳の上なんかではなく 
    〇〇の上で、コロリと身罷る・・・というのが 
    忠平さんらしくて、宜しいかと思っております 
    面倒なお見舞いに行かなくて良いし・・・・・ 
    そうそう、香典ではなく彼女を誘ってゆく予定 
    ライブのチケット代二枚分を用意しております 
    「コロナ明け」までの時間を創作に使おうてね 
    V&#8333;・&#8331;・&#8334;v 
    | 本町T. | 2020/05/01 12:58 AM |