RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< なぜ少女は現れたのか? | main | 虚無か、悪か、らりぱっぱか。 >>
玉を打つ
0

    5月4日    晴れ    起床6時

     

    昼食   スーパー犬丸屋の海苔弁当

         マカロニ・サラダ

     

    昨日は少し歩いた。

    歩数計だと3000歩。

    一万歩には及ばない。

     

    昨日は梯川の土手でランニングする人が多かった。

    5・6人の東南アジアの若者たちは、うれしそうに釣りを

    していた。

     

    その場所は、僕も何度も釣り糸を垂れた場所。

    排水溝があって、如何にも釣れそうな雰囲気を出してるが、

    そこに魚はいない。

     

    若者たちは各々が、買ったばかりの釣り竿にミミズを差し

    排水溝のあたりを狙ってるが、このままでは、一匹の魚も

    釣れない。

     

    ここは一番、梯川本流に思い切ってエサぶち込んだ方が、

    釣れる確率はグンと上がる。

    「お前ら、もっと前に出て、思い切り沖をねらえ!」

    心の中で叫ぶ。

     

    「ルアー持っとらんのかい、ここにはな、スズキがおるん

     や、ルアーならなんでもええぞ!」

    これも心の内。

     

    「スズキは英語でシー・・・・やったなー」

    「・・・・」がとっさに出てこない。

    「俺の頭おかしいわ。そうや、バスやがな、シー・バス!」

     

    ブラックバスのバスが出てこなかった。

    楽しそうに釣ってんだから、かまうことはない。

    仲間でワイワイ云いながら川で過ごすなんて、イイなー。

     

    ー パチンコやる人 −

     

    なんか思い切り、パチンコ屋とそこに通う人がワルもんに

    されてる。

    昔、バンド名を決めるとき、最初に頭に浮かんだ名前は

    「パチンコ」だった。

     

    当時はパチンコ屋に一日中いた。

    「金星の88番」で、毎日玉を打った。

    出ようが出なかろうが関係なし。

    88番を僕は愛した。

     

    「金星」か、駅に近い「モナコ」にメンバーは集まり、

    夕暮れまで玉を打ち、良い頃合いに練習場に向かった。

     

    パチンコ打ってるぐらいで、どうのこうの云うのは、大

    間違いだ。

    麻薬やってる訳でも、人殺ししてる訳でもない。

     

    「他人に感染させるリスクがある」

    そんなもん、どこにでもある。

    「サーフィンやってはいけない」

    これも訳が分からん。

     

    米国は30の州で経済活動を再開させようとしてる。

    感染しようが、人が死のうが、それよりも経済が大事だと

    宣言したに等しい。

     

    自己責任の国と、集団沈没の国の違いか。

    多分、このまま行くと、日本は来年の春まで自己抑制する

    だろう。自分でフン切れない国。決断できない国。

     

    分かり切ってる。

    誰も責任取りたくない。

    御身大事。

     

    首相はいまだにコロナ治療の現場に行かない。

    いや、政治家たちは誰も、病院を訪れ現場を見ようともしな

    い。それを「御身大事」と云わなくて、他に何と云う。

     

    酷い火事だから行きたくないと消防士は云うか?

    凶悪犯だから近寄りたくないと警察官は云うか?

    どれくらいモノが足りなくて、医療従事者も足りないかを

    、政治家は自ら知る必要があるんじゃないか!

     

    ポーズでも良い。

    人気取りと云われても良い。

    行くと、行かないじゃ、政治家自身のイマジネーションが違

    う。それが法案に繋がるんだろうが!

     

    こんなこと云いたくないが。

    立憲民主と、れいわ新選組。

     

    どんなときであろうが、憲法を考えていけないなんて時はな

    い。敢えて言うぞ!お前ら中国か北か知らんが、日本国憲法

    改正を死ぬほど嫌う国から、援助かなんかもらってないだろ

    うね。

     

    憲法は今を生きてる国民が決める。

    神様が決めるんじゃない。

    憲法より大事なものは他にもある。

    国民だよ、国民。

     

    お釈迦様の経典か何かと勘違いすんなよ。

    人間は間違いをする。間違いに気付いたら訂正する。

    神が定めた法典じゃない。

    憲法は絶対的なものじゃない。当たり前だろう。

     

    枝野さん、どうかしてる、何を逃げる!

    山本太郎、化けの皮ははげてしまった。

    良い人ぶっても、コートの下に拳銃が見える。

    狂騒曲は終ったんだよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:24 | comments(0) | - | - | - |