RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 玉を打つ | main | 今日のパンツはカルバン・クライン? >>
虚無か、悪か、らりぱっぱか。
0

    5月5日    晴れ    起床6時

     

    昼食    スーパー犬丸屋のビビンバ丼

          中華サラダ

     

    犬丸屋の弁当はどれも298円。

    コロナの間は、母親に弁当作らせるのをやめた。

    母親は作りたそうにしているが。

     

    今朝。

    布団から出る寸前に、とても重要なことを思いつき、

    起き上がって続きを考えた。

     

    歯を磨き顔を洗い、すぐに書斎に入り、ノートに色々メモ

    した。僕は曲作りの「中核」を思いついた。

     

    自分がどこで生き、誰を守り、誰の世話になり、何を歌う

    かと云う問いに、答えがようやく浮かんだ。

     

    ー 季節の表現。これは万国共通、どんな国でも表現さ

      れる −

     

    日本人もまた自然を通して、自己を表現した。

    そうすると、自分と云うものが存在するゆえに、自然が存

    在することになる。

     

    今年の桜を愛でる気持ちは、ついに僕の中で起きなかった。

    自然は自然であり、人が心を託す自然もあれば、そうでない

    自然もある。

     

    ー 季節は巡る? −

     

    昔から、この「季節は巡る」がピンと来ない。

    「巡る」からどうだと云うのか。

    春の次は夏で、夏の次は秋で、冬で。

     

    もっとつまらないのは。
    季節の訪れによって、気持が変わって行くと云う解釈。

    これはゾッとする。

    季節と共に人は生きるが、人は決して「季節」ではない。

     

    ー 日本のフォークのつまらなさ −

     

    フォークだけじゃない。歌謡曲も、演歌とやらも同じだ。

    自分と云うものが、季節によってコロコロ変わったら、

    アホでしょ!

     

    では日本人は、何をもって日本人と云えるのか?

    (来ましたねー、北陸人の真面目さ、小松人特有の

     疑り深さね)

    何をもって私たちはこの国に生きるのか?

    私たちの「核」は何処にあるのか?

     

    そもそも「核」とは何か?

    (来たよ来たよ!)

    それは宗教か?それは思想?それは信条?

    なぜあなたは生まれ故郷ではなく、東京にいるのか?

    東京にいる理由は何?

     

    そもそもこの時代に、故郷は存在するのか?

    故郷はそんなに良いか?

     

    ー 僕を支えているものは?

      僕を納得させるものは? −

     

    なぜコロナが怖いのか?

    死ぬからか?

    でも死は、いつでもどこでも待ち受けている。

    誰にも会えず火葬場に送られるからか?

     

    ー 或る情景 −

     

    流れる河に突き出た枯れ枝に、運良くか悪くか引っ掛か

    った、ボロボロになった古い上着。

    ゆらゆらと、フワフワと、流れのままに、まるで人間の

    様に泳いでいる。

     

    僕の中にはそんな情景がある。

     

    だからと云って、僕が虚無な訳ではない。

    虚無になるくらいなら極悪人になった方がいい。

     

    ローリング・ストーンズは、断固、極悪人を支持するだろ

    う。グレートフル・デッドは、コカインでハイになった機

    関車運転手、ケーシー・ジョーンズの列車に乗り込むだろ

    う。

     

    ー 極悪人か、らりぱっぱか?−

     

    どっちも面白そうだ。

    ようやく僕等は選択の時を迎えた。

    コロナがそうさせた。

    季節のせいにする時は過ぎた。

    はっきりさせようじゃないか!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:32 | comments(0) | - | - | - |