RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 虚無か、悪か、らりぱっぱか。 | main | 俺はあんたのファンやで >>
今日のパンツはカルバン・クライン?
0

    5月7日    晴れ    起床6時

     

    昼食    小松駅構内・サンエトワールで購入。

          

          玉子・ツナ・トマトのサンドイッチ

          メープル・トースト

          おまけでくれたチョコレートが入っ

          たパン

          ホット・コーヒー

     

    ー 金沢大和で買った春用ジャケットでマッツへ −

     

    サイズは少し大きい。なのでふわっとして、体を締め付け

    ない。色は白をベースに、薄いグレイと、パステルカラー

    の薄緑やらが混ざった、見ようによってはジジ臭さ満載、

    田舎臭さヤ・マ・盛りのジャケット。

     

    このへんがね、僕のいい加減なところやね。

    基本は「どうでもいい、とにかく着れれば」だから。

    おまけに「カッコつけたい」と「カッコつけるとダサい」

    のふたつがせめぎ合うからね、どうなってんの。

     

    「上着ばっかり買ってないで、靴も買ったら。あなたはね

     オシャレじゃないのよ、そうでしょう」

     

    妻は見破っている。

    基本は「どうでもいい」が、どっかと座り込んでる。

    所詮この世は勘違い。

    他人様が僕をどう見ようが関係ないじゃないか。

     

     

    ブルックスのダークスーツで身を包み、上から下まで

    ビシッと決め、もちろん靴も。それがどれほどの価値

    ありますかね?FBIじゃないんだから、ウヒヒヒ。

     

    昔、金沢の超高級飲み屋でチビチビやってたら、隣に座っ

    た中国人の長身美女が、僕に向かって盛んに「CK,CK」と

    叫んだ。

     

    何を叫んでるのか訊くと、僕のメガネが「カルバン・クラ

    イン」だと云う。「あたし、カルバン・クラインの男、大

    好きよ!」その時初めて、僕のメガネがカルバン・クライ

    ンだと知った訳で。

     

    ー そうでなければ −

     

    「そうよ、俺様はカルバン様よ、ネーチャン、良いとこ

     に目を付けてんねー。いや、さすがだよ、お目が高い。

     ついでにさ、パンツもカルバンよ、見てみるかい。

     パンツの中身は国産だけどよ、ウヒヒヒ!」

     

    ー ニューヨークのメーシーズで −

     

    妻に頼まれた香水を買いに行き、デパートの中で迷子に

    なった。エレベーターで階ごとに観て回った。

    女物の服売り場を見た時の衝撃は今も残っている。

    なんと、置いてある服の色がすべて、パステルカラーのグ

    リーンとピンクだった。

     

    広いフロアーのすべてがグリーンとピンク。

    僕は吐きそうになった。

    パステルカラーはいかんと思った。

     

    そのパステルカラーを、白人の女が着ると思うと、吐き気

    はさらに増した。なんと云うか、そのフロアー全体が、精

    神病院の病棟に思えた。

     

    ー デニス・ルヘイン珠玉の名言 −

     

    誰かの言葉の引用だけど。

     

    ー正義は客観的だけど、悪は主体的だー

     

    やっぱ、悪には敵わない。

    主体的(思い通り)だものなー。

    正義は時間が掛かるし、誰かに意見を求めねばいけないし。

    かったるい。

     

    ー彼は聖書が、燃え盛る炎に包まれているかのように読んだ−

     

    面白い表現だ。

    要は、はしょりまくって、慌てていたの比喩。

     

    ー牧師は片目で時計を見、片目で聖書を見たー

     

    これも同じ。焦っているさま。

     

    ー さて −

     

    今夜のお楽しみは後ほど報告します。

    そう、お楽しみが待ってる訳で。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:29 | comments(0) | - | - | - |