RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 今日のパンツはカルバン・クライン? | main | 偉そうなブルースはいらない >>
俺はあんたのファンやで
0

    5月11日   曇り   起床4時

     

    朝食    野菜たっぷりのオジヤ

          小魚と胡桃の佃煮

     

    どうも、食慾が有り過ぎて困る。

    常に何かを喰おうとしてる。

    飯を喰った直後に柿の種を喰ったり、チョコレート

    アイスをムサムサ喰ったり。

     

    母親もいやしかったらしい。

    食の細い弟のオカズを相当に喰ったとか。

    「これいらんのやろ!と云う前に、もう、箸でおさえ

     てた」

    完全に僕は母に似た。

     

    富士フイルムに頼り切ってる。

    でも、医者が云うには、「ダイエットが効いてくると、

    体は飢餓状態になりますから」

     

    だから喰いたいんやね。

    やっぱ少しづつ痩せてるんやわ。

    まあ、今日はそう云うことにしとこう。

     

    ー 橋下徹的革命のススメ −

     

    昨日の、フジテレビ報道番組は、橋下氏に占拠された如く

    、朝から晩まで橋下氏一色だった。

    僕は密かに期待してる。革命が起きることを。

     

    ドンパチの革命ではない。

    堂々と正論を展開し、盛り上がった国民の意見を盾に、一

    挙に政治的主導権を奪う。それは革命ではなく、政治の範

    中だけど、テレビを徹底的に使う所が、やっぱ革命的か。

     

    ー 「若干秩序を乱す革命」そんな感じかな −

     

    「知事たちがドッカンと借金して、県民なりを救う。県債

     を発行してね。そんなもん、返せなくてもいいんですよ

     、ツケは国に押し付ければいい」

     

    ね、これ、かなり革命的でしょう。

    国と地方自治体の関係がアヤフヤな折り、その間隙を突い

    て、この国の仕組みを変えようとする企てですよ。

     

    ー 道州制ですね −

     

    今回のコロナでも痛感した。

    道州制だったら話はもっと楽に進んだのに。

    47人もの知事がいたんじゃ話はまとまらず、結局国の思う

    ツボになる。

     

    特に教育の問題。

    これを全国一律にするのは無理。

    地方が責任を持った方が遥かにいい。

    北海道から沖縄まで、全く同じインフラにするのはもうや

    めた方が良いと思う。

     

    ー 話は変わる −

     

    小松の高架下をこの頃散歩する。

    春の風に吹かれるのは、風情がある。

    マッツはヒマなので、飯を喰った後に少し歩く。

     

    その日も僕は高架下を歩いていた。

    10メートル向こうに、自転車に乗ったままの男が、僕を

    見つめている。僕はかまわず男に近づいた。

     

    「あんた、め・め・めんたんぴんの人やろ」

    男は歯の抜けた口をもごもごさせた。歳は僕よりふたつ

    は上か。肉体労働者に見えたが、どうだろう。

     

    「そうや」

    「わしは昔から知っとるんや。加賀市のギターの人、亡く

     なったんやな」

    「そうや」

    「わ・わし、楽しみにしとるんや、今年は大川町のお寺でラ

     イブやるんやろ」

    「大川町な、やるぞ」

    「わ・わし、見に行くさかい」

    「おう、応援頼むわ」

     

    なんか、地回りのヤクザが、歯は抜けてるが善良な市民を

    カツアゲしてるような絵姿。

    その時の僕の風体が、かなり相手をビビらせた。

     

    107キロの巨体にソフト帽子。

    水色のジャケットに、同系のマフラー。

    おまけにズボンのポケットに手を突っ込んでいた。

     

    翌日はタクシーの運転手に。

    「今年はお寺でライブやるらしいですね、楽しみです」

    二日続けて「楽しみです」なんて云われた。

     

    「おいおい、人気あーらんねーけ」

    なんて、ふと思ったりして、ウヒヒヒヒ。

    家に帰ってすぐにエレキ弾いたけど。

    やっぱ、カッコ良い曲歌いたいもんね。

     

    まあ、女のファンは一人もいないな。

    昔から男にしか受けなかった。

     

    「グッバイ・フォーエバー・ウイズ・ラブ」

    生まれて初めて書いたラブレターの文面。

    僕じゃない。僕の友人が出した。

    分かるかなー?

    分かんねーだろうなー?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:00 | comments(1) | - | - | - |
    私もめんたんぴんからのファンです
    高校時代?ラジオ若いこだまで、メンタンピンのスタジオライブ痺れました、デッド体験高校生版ですね
    ライダースのコントラクト〜デッドのライダーで始まった放送にやられてしまいました、以降彷徨いながらも、忍野のライブもチェック出来て幸いでした、未だダークスター音源収集が趣味なんで幸運な人生です、忠平さんがまだロックを歌うことがありがたいです、コロナ感染に惑わされずに頑張って下さい
    | 肥後ジュンイチ | 2020/05/11 6:04 PM |