RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 俺はあんたのファンやで | main | 嗚呼夏の匂い、川の匂い。 >>
偉そうなブルースはいらない
0

    5月12日    晴れ    起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          肉団子

          厚切り玄米パン

          牛乳

     

    朝起きてすぐに洗濯。

    玄関、居間、書斎、などにダスキンモップを掛ける。

    少しでも体重が減ると、途端に体が軽くなり、何やか

    やと動き回る。

     

    ー 自転車でマッツへ −

     

    途中、スーパー「犬丸屋」で昼の弁当を買う。

    今日は「かつ丼」に生野菜、半額のマカロニサラダ。

    生野菜ようにドレッシングも購入。

     

    「ウヒヒヒ」と笑いながらマッツへ。

    「かつ丼」なんて久し振りだからね。

    マカロニも大好きな訳で。

     

    ー 今日の僕のスタイル −

     

    頭から下まですべてエディ・バウアー。

     

    20年近く前に買ったこげ茶のフェルト帽。

    上着は麻混合の夏用シャツ・ジャケット。

    色はパテ(乳白色)。生地はヘリンボーン。

    それにジーンズ。

     

    以上すべてエディ・バウワー。

    靴はヨネックスの幅広。これじゃないとしっくりこない。

    妻は靴がダサいと云うが、偏平足にオシャレなイタリア

    製は無理。これからもヨネックスでゆく。

     

    ー コロナへの抵抗 −

     

    先週の木曜日、「えびすや」が再開した。

    常連のDさんからメールが入り、飛んで行った。

    「忠平君との再会を祝して、彼にお湯割りをおごる」

     

    千春ちゃんは運動が出来なくて太ったらしい。

    彼女はバレーボールを常日頃やってるが、練習場所が使

    えなくなった。

     

    少しふっくらして、さらに可愛いい。

    「可愛くなったね」と云えば良いものを、「顔が変わっ

    たな」なんて云ってしまった。マズい!

     

    閉店は午後8時。

    僕は閉店まで酒を飲んだ。

    これで「月光亭」が開けば、僕の日常は元に戻るんだけ

    どなー。

     

    ー テレビで −

     

    サザンの桑田君の「ステイ・ホーム・ブルース」の映像

    を観た。洋楽に強いのは先刻承知してる。

    フレージングも、譜割も、なかなかだけど、歌詞が今一

    つ。政府を責めてもしょうがないと思うけど。

     

    何故かと云うと。

    「正しい人」はブルースを歌わないから。

    「アホ」か「犯罪者」か「半端もん」だから。

     

    そう云うことになってるんだから。

    「半端もん」が偉そうに「お上」を責めたりはしない。

     

    ー 俺はコロナに感染したぜ、ベイビー 

      俺はコロナに感染しちまったぜ、ベイビー

      コロナのバカは知らねーのかよ 

      俺はロック・ニューモニア(肺炎)&

      ブギウギ・フール(風邪)

     

    肺炎はニューモニア、感冒はフール。

    「俺はロックの肺炎、ブギの風邪」

    京都・拾得・テリーの訳。

     

    今さらなんだと。

    俺はすでにロックの肺炎にかかってるんだ、このボケ!

    コロナを馬鹿にするとかね。それぐらいチャラけて欲し

    かった。

     

    ー 「正しい人」はポップスを歌う?−

     

    そんな格言はどこにもない。ウヒヒヒ。

    日本国中、「正しい歌」ばっかりやもんね。

    かと言って、小学校唱歌のような、すがすがしい歌は

    一曲もない。

     

    「小学校唱歌は日本の音楽の宝であり、日本のロック

     の大切なルーツである」

                BY 佐々木忠平

     

    ソウルやブルースで泣いたことはないが、小学校唱歌で

    号泣したことは一度や二度ではない。

    泣きたかったら唱歌を聴くこと。

     

    唱歌があればこその歌謡曲だ。

    戦前を馬鹿に出来ますか?

    出来ないでしょう。

    戦後生まれはバカばっかですよ。

    僕もあなたも、思いっきりの馬鹿ですから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:41 | comments(0) | - | - | - |