RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 偉そうなブルースはいらない | main | 韓国に負けてるのはPCRじゃない! >>
嗚呼夏の匂い、川の匂い。
0

    5月14日   晴れ    起床6時

     

    朝食    ベーコン

          玉子巻き

          ほうれん草とモヤシの炒めもの

          小松菜のお汁

          厚切り玄米パン

          牛乳

     

    朝食はたっぷり食べる。

    朝食を少なくすると、昼と夜にバク食いする。

    昼は比較的軽く、夕食は極力少量に。

     

    なんか、こう云うことが楽しくなった。

    ここんとこ、洗濯と食事が暮らしの中心かも知れない。

     

    ー 僕の家の介護問題 −

     

    母は頑としてディケアに行かない。

    膝はかなり悪化している。風呂に入るのは相当難儀なの

    に。

     

    「家の掃除やら入浴の補助やら、介護を頼んだ方が良

     くないか?」

    何度も薦めたがきかない。

    他人を家に入れたくないんだと思う。

     

    そもそもは人嫌い。

    母はひとりでいるのが好きだ。

    母の家系はその傾向が非常に強い。

    父の家系は真逆の「人寄せ大好き」だったが。

     

    どうも母の性格に似てしまった。

    僕は「人寄せ」は嫌いじゃないが、普段は一人の方が楽

    でいい。

     

    ー 釣りする少年 −

     

    小学生の頃から釣りキチだった。

    いや、幼稚園の頃には、芦城公園で水生生物を網で掬って

    喜んでた。

     

    将来は水族館で働くか、魚博士になるつもりだった。

    でも中学、高校と、理系が苦手なことが分かり諦めた。

     

    釣りは今も好きだ。

    NHK・BS、日曜5時半からの「釣り人万歳」を観て思うが

    、釣りをしたことが無い人は、けっこう多い。

     

    前にも「釣りバカ日記」に出演した三国連太郎を批判した

    が、役者たる者が釣り竿を操れないでは、アウトだ。

    もう一言いえば、釣りに入門して、ルアーやワームばかり

    やってるのも、なんか心が貧しい。

     

    ー 釣りは鮒釣りに始まり、鮒釣りに終わる −

     

    その通りだ。

    田んぼのホゾや、小さな川で、ミミズをエサに鮒を釣る。

    釣りは、それ以上でも以下でもない。

    鮒釣りに尽きる。

     

    冬になれば、エサは赤虫になり、大根の切り口の上に赤虫

    を置き、小型の針にそっと刺す。

    赤虫を刺し貫いても大根だから、針は難なく抜ける。

    先人の知恵だ。

     

    寒鮒釣りをやる様になったら、これはもう、かなり深みに

    ハマっている。歳を取ると、雪中に立ち続けるのがつらく

    おまけに寒い。

     

    でも、寒鮒釣りはそれを差し引いても、あまりあるほど楽

    しい。釣りの名人の称号は、雪の日でも、吹雪の日でも釣

    り場に立ち、じっと我慢し、見事な寒鮒を、人の三倍釣ら

    なければ与えられない。

     

    ー 谷村のジイ −

     

    中学の谷村先生のお父さんは「谷村のジイ」と呼ばれ、小

    松の釣り人はみなジイを尊敬した。

     

    「いやー、昨日の吹雪でも、天神さんの裏の川で、谷村の

     ジイは竿を出しとったといや、感心や!」

     

    ジイは口数も少なく、いつも一人で釣りをした。

    彼は自分で発見した釣りの方法や自然の法則を、誰にも告

    げずあの世に行ってしまった。

     

    彼のことを覚えてるのは僕だけだろう。

    僕が書き残さねば、小松の歴史上の人物が消えてしまう。

    他にも名人、奇人で名を残した釣り人は何人かいる。

     

    僕が小学校の頃、男の社交場は「釣り場」だった。

    何百人が並んで梯川でボラを釣った。

    料理屋の亭主、元ヤクザ、シベリア帰り、サラリーマン、

    勤め人、隠居したジジイ。

     

    釣り場で聞かされた、開けっ広げな話の数々で、僕は小松

    を知り、大人を知った。

    それらすべてが、僕にとっての「釣り」だった。

     

    男たちの残した歓声。

    ボラが水面を叩いて暴れる音。

    竿を振りこむ音。

    梯川の風の音。

     

    「来たっ!来たぞ!」

    長尺四間のボラ竿が大きく曲がる。

    「こりゃ、デケーぞ!」

    釣り人は必死で竿を立てる。

     

    何もかもが水中に引っ張り込まれる。

    金の話、女の話、ケチな社長の話、キツイ嫁さんの話。

    忘れじの夏の光景、夏の匂い。

    昭和の男たちの、命の耀き。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:04 | comments(0) | - | - | - |