RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 嗚呼夏の匂い、川の匂い。 | main | 平和を願うのは左翼の専売特許ではない! >>
韓国に負けてるのはPCRじゃない!
0

    5月18日    晴れ   起床6時半

     

    朝食    トマト味のオジヤ

          ベーコン

          ナスとピーマン焼き

          レタスサラダ

     

    「ステイ・ホーム」

    なんて云われてから、睡眠時間がグッと伸びた。

    動いちゃいけないんだから、寝てるに限る。

     

    これまではそんなに眠らなかったが、ここんとこ、

    8時間近くは寝てんじゃないかな。

     

    ぼんやりしてると、ときに過去を検証し始める。

    そんなことしても、良いことはひとつもないのに。

    ほんとに、ビックリするくらい、僕はいい加減なこと

    ばかりして今に至っている。

     

    人間は、多分、間違ったことしかしない。

    まあ、正解が良く分からないんだからしょうがない。

    それにしても、酷いもんだ。

     

    コロナ問題で、僕が韓国に負けたなと思ったのは、PCR

    でもロックダウンでもない。韓国は家に閉じ込められた

    子供の為に、巡回図書システムをつくり、子どもが本を

    読めるようにしたことだ。

     

    実際に観てきた訳じゃないが。

    朝から晩までゲームに浸りきってる、日本の子供の姿は

    容易に想像できる。

     

    昭和30年代。

    外で遊ぶ小学生はほとんどいなかった。

    自然にあふれた小松でも。

    子供はテレビを観るか、野球ゲームをするか、どっちか

    だった。

     

    小学生の5・6年生になると、誰一人外で遊ばなかった。

    夏休みに昆虫採集をする者は、まったくいなかった。

    魚釣りに興じていたのは、校内で僕だけだったと思う。

     

    父親の手ほどきなしに、子供が釣りをするのは考えられな

    い。おまけに釣り竿や釣り具を買う金を、子供は持ってい

    ない。自転車を買ってもらえない子も大勢いた。

     

    父親は仕事に忙殺され、母親も共働き。

    僕等はそんな時代に育った。

     

    ー 悪いことに、それが尾を引いた −

     

    僕の世代は、多分、子供と遊んでいない。

    それがこの国では当たり前となり、常に、子供のことは

    二の次、三の次となる。

     

    僕も熱心に息子に釣りを教えなかった。

    自分が楽しめればそれで良かった。

    当然、息子は伊豆にいるのに、釣りをしない。

     

    ー 話は長くなったが −

     

    韓国政府が巡回図書を始めたことに、日本政府は今も興味

    も関心もない。子供の未来がどうのなんて、すべて嘘っぱ

    ちに聞こえる。

     

    淋しい国にしてはいけない。

    まだまだこの国は貧しい。

    心もフトコロも。

     

    テレワークがどうのなんて関係ない。

    そんなことで社会は変わらない。

    こんな程度で、こんな程度の暮らしで、僕等はハングリー

    さを失くしたのか!

     

    家にはメイドも執事もいないのに。

    米国は移民のメイドを雇っている家が多いときく。

    この国は、もの凄く貧しいことを、肝に銘じるべきだ。

     

    ハングリーしかない。

    ハングリーさで韓国に勝てるか!

    アーモコーモ無い。また負け戦かいな。

     

    僕等は憐れな大人達だ。

    子供や孫をその道ずれにしていいのか?

    子供を中心に物事を考えよう。

    65歳以上は死のうが生きようがどうでもいい。

     

    あなたは子供に何を託しますか?

    何を引き継いで欲しいですか?

    今のうちに、大切なことは成してしまいたい。

     

    僕等の人生なんてカスでいい。

    でも、子供と孫は違う。

    彼らはもっともっと人生を楽しまねばいけない。

    それが進化ですよ、進化。

    カッコいい日本。期待しましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:52 | comments(0) | - | - | - |