RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 韓国に負けてるのはPCRじゃない! | main | ロックは恋愛なんぞ超えてゆく >>
平和を願うのは左翼の専売特許ではない!
0

    5月19日    曇り    起床6時

     

    朝食    ベーコン&エッグ

          きゅうり&レタスのサラダ

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    ー コロナ・シンキング −

     

    有名になりたかったら、それなりのことを成さねばいけ

    ない。20代後半の頃、僕は毎日そのことを考え、怯え

    ていた。

     

    名を成したいという思いと、無理だろうと云う思いが常

    に交錯した。それもまあ、今となっては笑えるが。

     

    田舎から東京に出て来た男は、たいがいそう思うんじゃな

    いかな。何が成功か分からないけど、取り敢えず成功を望

    む訳で。

     

    ー 昔も今も若者の思いは同じだろう −

     

    樹木希林さんのベストセラー「人生成り行き」と云う本の

    題名に、いつも抵抗を覚える。

     

    それはそうかも知れないが、ピンと来ない。

    彼女のイメージからすると、「人生はわがままに」が近い

    気がするけど。

     

    ー 表と裏 −

     

    「人生成り行き」と「人生わがままに」は同じだ。

    「わがままに行きたかったけど、駄目だったのよ」

    これが「人生成り行き」の中に、「チキショー!」と叫び

    ながら隠れている。

     

    「人生成り行き」は、敗北を認め開き直った、いわゆる諦

    観だと思う。本の中身は関係ない。今は表題についてのみ

    思うことを書いている。

     

    ー ディープ・シンキン・アバウト・コロナ −

     

    なぜ日本人の感染者と死亡数がこれほど低いのか?

    その答えをまだ誰からも聞かない。

    世界の人はどう思ってるのか?

     

    ボーッとしたまま空中に浮いてる気分。

    韓国は「世界標準だぜ!」、高らかに胸を張った。

    日本はそれ以上なんだけど、ポカンとしてる。

     

    僕はここに、ひょっとすると、物凄いものが潜んでいる

    と感じている。

    それは黒船以来の、大きなチェンジ。

     

    明治維新以来の西洋化の終焉と云うか。

    もっと自国の歴史と文化を、真剣に勉強しないと、明日が

    無いと云うか。

    この際、根本から日本を考え直した方が良いと、そう思う

    時が、ついに来たように思えてならない。

     

    ー 大昔、遣唐使をやめたことが日本を日本たらしめたー

     

    日本人は漢字を入れたが、中国語は入れなかった。

    日本人は選別した。

    必要なものと、要らないものを。

     

    その能力。

    それこそが、これからの日本の、本当の力となるんじゃな

    いか。

     

    ー そんな気がしませんか −

     

    日本人の子供が果たして、端末を持つ必要があるのか?

    そんな疑問がわく。

    端末の普及率がこれほど低い本当の理由は?

     

    AIとかの先端技術に、一周も二週も遅れをとったのは

    何故か?

    「わざとそうした」、そう思えるんだけど。

    どうだろう。

     

    そんな風に思えるのは、コロナのお陰だ。

    「なんかおかしいぞ、このまま行くのは?」

    コロナは警告する、全人類に。

     

    「全人類が一方方向に一目散で進むのは、実は、物凄く

     危険じゃないか」

     

    中国の溜まりにたまった遺恨。

    それを潰そうとする米国の優越意識。

    そんなものは日本人にはない。

     

    ー 彼らとは別の道を −

     

    日本人の遺伝子がそう云ってる。

    日本人が望んだ世界を、僕等は本当に知っているんだろ

    うか!

     

    昔、「ディスカバー・ニッポン」があった。

    国土の地表の上を歩き回った。

     

    ー 今度は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だ −

     

    日本を発見する旅をしよう。

    その時が来た。

    深く日本と日本人を知ろう。

     

    僕は何も知らない、何も。

    ペラペラの、受験のための日本史を学んだに過ぎない。

    日本人が願った家族の姿を、村の姿を、日常を、幸せを。

    僕は何も知らない。

     

    本物の日本人になりたい。

    「大いなる旅」が必要だ。

     

    このまま死ぬのは御免だ。

    このままじゃつまらない。

    新しい日本を観たい。

    僕はひとりのビリーバー。

    そして、ノウホェアーマン。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:22 | comments(0) | - | - | - |