RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックは恋愛なんぞ超えてゆく | main | チェンジズ・ゴナ・カム >>
母と子のユニオン
0

    5月24日   晴れ    起床6時

     

    朝食    カツサンドの残り

          鳥胸肉のトマト煮

          きゅうりの九ちゃん

          珈琲

          牛乳

     

    ー 母が入院 −

     

    母の具合が良くなく、同級の医師H君に診てもらう。

    H君は母の体を隅々まで調べ、「救急で入院です」と

    結果を報告した。そして、すぐに市民病院へ入れるように

    、手配してくれた。

     

    「今晩だけでも家に帰りたい」

    そう云う母を説きふせ、タクシーで市民病院の救急セン

    ターへ。母は検査の結果、入院となった。

     

    心臓肥大による弁膜症と造血器官の不調。

    このふたつが原因。

    特に血液が通常の人の半分もなく、かなりな貧血を起こ

    しており、すぐにでも輸血せねばアブナイ状態だった。

     

    コロナ禍の折り、入院患者は外界と完全に遮断される。

    面会謝絶。電話もほぼ使用できない。

    コロナ感染なら仕方ないが、他の病気で入院する者には

    あまりに辛い。91歳の母にはきつい。

     

    家族と顔も合わせられないとは。

    母の様子は看護師からの電話でしか知ることが出来ない。

    加えて、看護師の入れ替わりが激しく、我々家族の要望も

    入院患者の要望も、互いにうまく繋がらない。

     

    僕としては、手術しないなら、即刻、母を退院させたい。

    死ぬなら家で死なしてやりたい。病院の方には申し訳ない

    が、出来るだけ家にいさせてやりたい。

     

    幸い、高校教師をしている妹が、学校が休みで時間が取り

    やすく、僕は大いに助かっている。

     

    母が入院した夜。

    かわいそうで泣いた。

    普段はケンカばかりしてるが、全ての原因は母の

    心配性にあった。

     

    年老いた母の心臓を傷めたのは僕だ。

    ロクでもない息子だ、僕は。

    母を思いやったことはない。

    母と子の関係は、子供の頃のまま、今に至った。

     

    夏に負けないほど元気だった母。

    良く働き、僕と妹を大学に出し、家計を支え続けた。

    「子供を産む以外、寝込んだことはありません」

    母は医師に告げた。

     

    母をここまで生かせたのは、強固な意志だ。

    いくつもの仕事を抱え、夜はロクに寝ていなかった。

    僕と妹はその姿を良く覚えている。

     

    その無理が原因となり、母は生まれて初めて入院した。

    91歳。僕と妹は母へ恩を返したい。感謝を表したい。

    もう少しでも良いから、家での暮らしを続けさせてあげ

    たい。そう願う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:11 | comments(0) | - | - | - |