RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 母と子のユニオン | main | そして、キープ・オン・トラッキン! >>
チェンジズ・ゴナ・カム
0

    5月26日   晴れ    起床6時

     

    朝食    ベーコン&エッグ

          さやえんどうのサラダ

          厚切り玄米パン

          牛乳

     

    昨日、何日ぶりかで母に会った。

    内科診療の折、医師が僕と妹の同席をセットして

    くれた。

     

    太ももや腕の腫れはおさまっていた。

    心臓が弱って、末端の血液を吸い上げる力が足りず、腫れ

    あがってていたが、すべて尿として排出された。

     

    問題は、なぜ血液が少ないかだ。

    血液内科の医師は、原因は二つしか無いと断言した。

    ひとつはビタミン不足。そしてひとつは白血病。

     

    「白血病なら、背骨に穴を開けて検査・治療しますが、

     かなり痛いです」

     

    91歳の母にそんな思いをさせる訳には行かない。

    僕と妹はビタミン不足に賭けることにした。

    医師のデーターでは、母の容態はかなり悪い。

    しかし、当の母はけっこう元気に見えた。

     

    妹は金沢に帰り、久し振りにひとりで夕食を喰った。

    川崎新丸子では平気だったが、今はなかなかに寂しい。

    馴れてないから余計だ。早々に眠った。

    いつかはこうなるんだけれど。

     

    ー ライブの夢をみた −

     

    どこかの商店街の広場にステージが用意され、僕等は演奏

    を始めた。客席はざわざわとしている。2曲目、作ったば

    かりの曲をやった。これが受けなかった。

     

    ほとんどの客がいなくなった。

    ステージ前面は無人。

    ステージ上の音響が悪く、モニターが全く聴こえない。

    何を歌っているのか分からなくなり、途中で打ち切った。

     

    ドラマーがイントロを叩き出したがリズムがトロい。

    僕はドラマーに向かい「へたくそー!」と叫んだ。

    曲は「ツイストで踊り明かそう」だ。

     

    ヤケになって歌った。

    フレージングは出鱈目。極限に近い高い声で歌った。

    どこかに消えた客が、戻り始めた。

     

    ー 知らぬ間に −

     

    町内のお祭りとステージが一緒くたになった。

    ステージ前では「お神輿」が、ワッセワッセの掛け声に乗り

    、担ぎ上がったり下がったりした。

    そして突然、リードギターが狂った。

     

      「グッ・グッ・グッ・ワイーーーーーーン」

     

    ステージ上では、ハッピ姿の若者、スケーター達、今どき

    のロックファンなどが、各自勝手に踊り狂っている。

    リードギターは完全にハイになった。

    彼はのけぞってギターを弾いたり、空中にギターを放り投

    げてみたり、弓のようにギターの弦を弾いたりした。

     

    「ツイストで踊り明かそう」に代わる曲を考えろ!

    と云う神の啓示かも。

    コロナ禍だから作れる歌かも知れないね。

     

    ひとり自宅で夕食は寂しいが、酒場で酒を飲み、いい気分

    で家に帰ってひとりは、もっと寂しそうだ。

    人間は難しい生き物だなー。

     

    取り敢えず、あんまり先のことは考えず、今をどうにかす

    るしかない訳で。

    自分が出来ることは、まずは早めにヤルしかない。

    母に頼り切った暮らしは終ったのだと、覚悟せねばいけ

    ない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:30 | comments(0) | - | - | - |