RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ご心配かけました | main | テーマは実にシンプルだった >>
皐月の風、海から山へ
0

    6月2日    晴れ    起床5時半

     

    朝食    ハム&エッグ

          ワサビずけ

          明太たらこ

          ごはん

     

    ー 昨日は朝から市民病院 −

     

    心臓、血液内科と、順調に進み、早めに帰れると思った

    が、「今日は輸血してください」の一声で、午後1時か

    ら輸血が始まり、丸々一日病院に閉じ込められた。

     

    ー 母は強力に輸血を拒否した −

     

    「私は思う通りに生きて来れました。楽しく過ごしま

     した。これ以上何も望みません」

     

    血液減少の検査も拒否。

    これでは医者の立場がない。

    まあ、医者の立場はどうでもいいんだけど。

     

    僕は強引に母を押し切り輸血を承諾させた。

    日に日に血液が減少してる。

    多分母は、白血病か、それに類する病気なんだろう。

     

    「よく生きてますよ」

    医師は云った。

    「戦前生まれは根性が違うから」

    そう云うと医師は、納得しかねると、苦笑いした。

     

    ー デニス・レへイン「ムーンライト・マイル」 −

     

    「ムーンライト・マイル」を、レへインの翻訳者は、

    「月影の道をもういちマイル」と訳した。

    「月明りほども離れて」そう訳した人もいたが。

    「月影の道をもういちマイル」の方が断然いい。

     

    ー ウエイト・重み −

     

    ザ・バンド「ウエイト」のリフは、「重荷を下ろしなよ

    、ファニー」と繰り返す。

    僕が代わりに担いであげる、とか何とかだけど。

     

    レへインは「重荷こそ僕が愛するもの」と云う。

    ザ・バンドの意見とは真逆だ。

    「うっとおしいもの」「やっかいなもの」いわゆる重荷

    、それはイコール家族だ。

     

    「重荷だから大切にしたい」

    こんなことを書く作家は今どきいない。

    古臭いんだけど、古臭いから良い訳で。

     

    ー 家族を守る −

     

    米国みたいに、外敵から家族を守る機会は、平和な日本で

    はそうはない。「そうはない」から、家族自体がアヤフヤ

    なものに成りかけてる。

     

    ー 満員電車は今日も走る −

     

    満員電車に乗る恐怖と戦いながら、なぜ東京で暮らさねば

    ならないのか?

    これだけの人間を一カ所に集めた狂った官僚たち。

    それを放置し続ける政治家達。

    何をかいわんや。

     

    相当におかしな国だ。

    何が大事で、何がその次かを誰も知らない。

    でも、他人の文句を云っても始まらないから。

    僕は僕の役目を果たそう。

     

    ー ようやくにして −

     

    皐月の心地よい風を感ずるようになった。

    日本ダービーも無事終わった。

    今が一年で一番いい季節だ。

     

    田んぼの稲は少しづつ伸びる。

    風に吹かれヒシャげながら、風が止めばまた天を向く。

    それでいいよ、それでいい。

    僕は話しかける。

     

    田んぼに囲まれた暮らし。

    稲と風と共に、一年を過ごす。

    「なんか、快適です」

    風たちに話しかける。

     

    風たちは日本海で生まれたの?

    田んぼの上を走り抜け、輝く陽光と共に、白山連峰目指

    し吹き上がって行く。

     

    「さようなら風よ、今度は秋に会おう!」

    田んぼの道を自転車で走る。

    上着をはためかせ、満々たる風は、僕を追い抜いた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:28 | comments(0) | - | - | - |