RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 皐月の風、海から山へ | main | 「みんなの街」への道 >>
テーマは実にシンプルだった
0

    6月3日   晴れ   起床6時

     

    朝食    ハム&エッグ

          ベーコン・ソテー

          レタス・サラダ

     

    今日、マッツは定休だけど自転車で出社。

    休みの日に家にいると、一日中寝てしまう。

    本を読み爆睡、また本を読み爆睡、を繰り返す。

     

    気持がダラけると、母親の食事を作るのがおっくうにな

    る。何もかもが面倒くさくなる。僕は基本、怠け者だか

    ら規則で縛らないと、一挙に自身が崩壊する。

     

    母の病院通いに加えて、「ロック入門」と、バンド練習

    の再開。マッツ健康施設の使用開始が重なって、6月は

    けっこう忙しくなる。

     

    でも、これはこれで自分を鍛えるいい機会だと思う。

    先日の母の病院通いだけで、歩数計は5千歩を示した。

    汗も大いにかいたし、健康にはとても良かった。

     

    ー コロナがくれたもの −

     

    コロナ禍で、なかなか重要なテーマが見つかった。

    そのテーマを追求するには、明治維新の西洋化と「英

    国民の暮らしぶりと考え」をもっと知る必要がある。

     

    退職した途端、好きなことだけの為に、残りの時間とエ

    ネルギーを使うと云われる英国人を、もっと知りたい。

    日本人に必要なのは、AIとかロボットとか、未来都市や

    年金の運用の仕方ではない。

     

    ー もっと足元の暮らし −

     

    明治維新で社会構造は西洋化した。

    でも、我々庶民の暮らし方生き方は、果たして何を参考

    にし、何を参考にしなかったのか?

    実際のとこ、日本人の暮らしは、西洋化されたのか?

     

    西洋化されてないとしたら、和風なのか?

    江戸時代風?安土桃山風?或いは、平安京風なのか?

     

    ここんとこをほったらかして、うやむやにして、幸福度が

    どうの、人間はそもそも不幸である、などと、知った風な

    ことをいくら云っても無駄だ。前には進めない。

     

    社会構造の維新ではなく、今は暮らしの維新が大事。

    僕が「維新の会」を支持する理由は正にそこにあるんだけ

    ど。

     

    自民党はそもそも、東大出の役人が考えた以上の発想をも

    たない。でも、今どきの東大生は、テレビのクイズ番組に

    出るのが合っている。彼らはそもそもこの国を、根本から

    ひっくり返す発想、アイデア、馬力を、持たない。

     

    ー 僕のテーマは −

     

    もったいぶってはいないが長くなった。

    僕のテーマはたった一言。

     

     「みんなの街」

     

    これだけ。

    「街おこし」ではない。

    「みんなの街」ね。

     

    ー この意識がもの凄く高いのは英国 −

     

    「みんなの街」に住むなら、満員電車も我慢できる。

    狭いアパートも苦ではない。

    でもそうでないなら。

     

    「みんなの街」に住んでないなら、僕の人生もあなたの

    人生も、これすべて「空振りの人生」かも知れない。

    敢えて云えば日本人は、もっと云えば戦後の日本人は、

    ずっと、「空振り」し続けて来たんじゃないか。

     

     「答えは英国に有り」

     

    そうしときましょう。 

    そして、何度でも考えましょう。

    満足して死にたいから、そうですよね。

    子供や孫の人生を、もっともっと豊かにしたいから。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:29 | comments(0) | - | - | - |