RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< テーマは実にシンプルだった | main | 横田さん死す。この国もまた。 >>
「みんなの街」への道
0

    6月4日    晴れ    起床6時

     

    朝食    ベーコン&エッグ

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

    今日は暑くなるみたいだ。

    まあ、寒いよりはいいが、デブにはつらい。

    自転車でマッツへGO!

     

    人種差別はいけないと全米でデモが起きている。

    極左が後ろにいるとかいないとか。

     

    ー 黒人以下のアジア系? −

     

    1974年にサンフランシスコの安ホテルで、親しくなっ

    た白人の女の子が、人種について話したのを思い出す。

     

    ー 白人の女の子が一発お願いしたいのはさ、やっぱ、

      黒人よね。黒人が一番。その次が、まあ白人の男。

      そんでその次が、プエリトリコやらの中南米系ね −

     

    ー 日本人は?アジアはどうなのよ −

     

    ー 忘れてたわ、うーん、アジア系はね、一番下かな。

      ごめんね −

     

    今はセクシーなアジア系も増えたので、良く分からない

    が。70年代は最低ランク。ショックだったなー。

     

    ー 日本の人種差別? −

     

    海外で活躍する日本人アスリートの父親は、これがまた全

    員が黒人。日本人の女はアフリカ系が好きと云うか、日本

    人でなければ誰でもいいと云うか、まあ、それは僕の思い

    過ごし?これ、複雑な差別かも。

     

    きれいな女はチヤホヤされるけど、そうでないのは無視さ

    れる。若くてイケテル男はモテるが、歳喰ったデブは絶対

    モテない。これ差別?

     

    世の中、ありとあらゆることが差別。

    そんなもん、いちいち上げてたらキリがない。

    人は差別するし、差別される。

     

    ボビー・オロゴンひとりにビビリまくる日本人は、逆差別

    かな。僕は米国の黒人差別について、何か云うほど米国社

    会を知らない。知らないのに正義派ぶってもね。

     

    ー 美人もブスもなくなる −

     

    いくらきれいでも、ついにはボロボロのバアサンになる。

    今が永久に続く訳じゃない、あっという間に老ける。

    やはり美人は早めに死んだ方が良い、ウヒヒヒ。

     

    生物として人間は生きてる訳で。

    若いうちから女がバアサンだったら、人類は途絶える。

    しわくちゃのバアサンのグラビア写真集は誰も買わない。

     

    ブスは確実にこの世に復讐できる。

    きれいな女は確実に崩れてゆく。

    彼女たちがチヤホヤされるのは一瞬だけだ。

    心配しなくていい。世の中は公平になってる。

     

    もし金持ちなら、若い男も意のままだ。

    70だろうが80だろうが90だろうが、関係ない。

    若い男に狂えばいい。

     

    でもね、肉体だけなら、これはこれでアホだ。

    そうじゃないからね、知的に狂わねばいけない。

    男も男でいつか女の肉体に飽きる。

    女の体はどれもこれも似てる。

     

    でも、知的な世界に遊べるなら、これは際限がない。

    そうなると、男と男のカップルばかりになるか?

    でも、そうならないかも知れない。

     

    男と女の関係は、肉体を超えると思う。

    それを知ってるのが英国人だから。

    ならば、英国から学ぼう。

    本当に充実した人生を送るための方法を。

    英国人は知っているのよ。

     

      「答えは英国に有り」

     

    なんだよねー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:07 | comments(0) | - | - | - |