RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 「みんなの街」への道 | main | 梅雨を運んで来た女 >>
横田さん死す。この国もまた。
0

    6月9日    快晴    起床5時

     

    朝食    きゅうり一本

     

    ついに「きゅうり一本」の朝食になった。

    こうでもしないと腹は引っ込まない。

     

    実は、体重は5キロ減ったんだけど。

    生活習慣改善の医師に褒められた。

     

    「努力されましたね」

    「いや、あの、やせ薬を飲んでいて・・・・」

    「どんな薬ですか?」

    「富士フィルムのメタバリア・・・・・」

     

    医師は笑って云った。

     

    「そんなにうまく痩せる薬はありませんよ」

    「で・で・でも・・・・・」

    「相乗効果です。薬飲んでると思うと良く動きます」

    「まあ、そうかも知れませんね」

    「私はやせ薬など全く信じません!」

     

    運動しなくても、マメに動けば痩せる。

    痩せればもっと体が動く。

    相乗効果?

     

     

    ー 横田滋さん死去 −

     

    いつか、こうなることは日本人すべてが分かっていた。

    分かっていたが、どこかで正義が行われるんじゃないか、

    そう思ってもいた。

     

    最悪の結果だ。

     

    すべての物語は色を失った。

    すべての愛は偽りとなった。

    家族を失う苦痛に勝る苦痛はない。

    日本人は卑怯者になった。

     

    物心着いた時から。

    この国はずっと、家族を崩壊させようとして来た。個人

    主義に走り、何がなんだか分からない世界を作り上げた。

     

    それを象徴するのは東京。

    東京イコール文化?

    地方イコール家族?

     

    家族から逃れるために東京の大学に行く。

    故郷に帰りたくないから東京で就職する。

     

    誰も疑問を持たない。

    何が大事で、何がその次に大事で、何がその次か?

     

    「知ったことか!」新宿で酔いつぶれる。

    「銀座のホステスに惚れられてね」良かったジャン。

     

    若いサラリーマンが川崎堀の内で女を買ってる。

    生活にゆとりがありそうなフリをして。

    彼女が何人もいそうなフリをして。

    高そうなビジネスカバンをぶら下げて。

     

    正直に云えよ。

    女に相手にされないって。

    寂しいから女を買うんだって。

    サラ金で借りた金で買ってんだろ。

     

    シンガポールの高級なオフィスで仕事するのも、小松の

    駅前で仕事するのも、まあ、おんなじ様なもんでしょう。

    「地方にいるとオシャレな広告とか無いから」

    無いね。あなたの求めるオシャレが良く分からないけど。

     

    一体、何が欲しいのよ。

    芸術? パッション? オシャレ? 恋愛? 金?

    豪華な暮らし?  ソロソロ、決めてよ、ソロソロ。

     

    云いたいことを云うと殺される。

    誰も云いたいことを云えない。

    中国?北朝鮮?

    いやいや、日本ですよ。

    器用に生きてるだけですから。

     

    とんがったらどんな目に会うか。

    ボチボチ、卑怯もんで行きましょう。

    「消極的悪人」が関の山かな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:57 | comments(0) | - | - | - |