RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 横田さん死す。この国もまた。 | main | やっぱブリティシュね。 >>
梅雨を運んで来た女
0

    6月11日   曇り   起床7時

     

    朝食    納豆

          昆布巻き

          きゅうりの酢の物

          ご飯

     

    ようやく雨が降った。

    犀川に遡上したアユは水不足のせいで、中流域に溜まって

    しまったが、この雨で上流に昇れる。

     

    マッツに、市の仕事(音楽制作)を担う女の子が訪ねて来

    た。イスラエルでバンド組んでたとか、かなりカッ飛びな

    子で、「めんたんぴんの歌詞好きです」なんて云う。

     

    まあ、色々と話し込んだ。

    けっこう歌の上手い子で、自作の曲を聴かせてくれた。

    「バンドで歌わせて下さい」

    小松で音楽仲間を増やしたいらしい。

     

    「嫌や、可愛い女の子が入ると面倒くさい」

    「いいじゃあないですか、歌わせてよ」

    小松に住んでるらしいが、彼女の周りの男はすべて65歳

    以上とか。

     

    ベリーダンスのダンサーでもある。

    写真を見るとかなりエロチック。

    「これ君か?なかなかエエ感じやん」

    「オンとオフは、はっきり分けてます」

     

    目の前の彼女は、のんびりマイペースな都会人。

    「70年代音楽大好き!」

    市役所も色んな町おこしを考えてるみたいだ。

     

    「頑張れや!」

    「頑張りまーす」

    彼女は傘を差し、雨の中に消えて行った。

    因みに彼女は20代後半。

     

    若い女と話したのは久し振り。

    相手が歌い手なのでとても楽だったが。

    どうやら、小松市役所からの贈り物かも。

     

    「たまには若い子と話すのも良いでしょう」

    彼女を紹介した観光課のH君は、確かにそう云った。

     

    「忠平さんに会いたがってる女の子いるんですけど」

     

    H君は最初から謎めいた云い方をした。

    「アホか!そんな女、おる訳ないやろが!」

    僕は冗談云うなと言い返した。

     

    女の子がマッツに来てすぐに土砂降りになった。

    「梅雨を運んで来た女」

    アガサなら付けそうな題名だ。

     

    「イスラエルは右と左にキッチリ分かれてます」

    「ネタニアフは右なんやな」

    「右と左は互いに尊敬し合ってます」

    「日本の左は日本大嫌いやからな」

    「そうですね」

     

    なかなかのモンだ。

    近頃の女の子は見かけとは違う。

    かなり突っ込んでも答えが返って来る。

     

    「アンジャッシュの・・・・・」

    「???」

    彼女は不倫騒ぎを知らなかった。

    このあたりもオジンには好感が持てた。

    けっこう強者かも知れない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:41 | comments(0) | - | - | - |