RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 梅雨を運んで来た女 | main | 日本はどこも良い街だなー。 >>
やっぱブリティシュね。
0

    6月15日    曇り   起床5時

     

    朝食    ベーコン・エッグ

          厚切り玄米トースト

          牛乳

     

     ー 明治の人達の実像を −

     

    明治に関する本を読むと、李氏朝鮮は強力な朱子学信奉

    国家だ。何でもかんでも朱子学。頭はコチンコチン。

    幕末当時も、封建制度の日本を軽蔑しまくっている。

     

    司馬遼太郎氏は朱子学を毒物と云い切る。

    朱子学以外は何も受け付けない朝鮮が、21世紀におい

    ても我が国を軽蔑し憎む姿を、氏は想像しただろうか。

     

    それにしても、司馬さんは膨大な量を書いている。

    親父の書斎にある本の半分以上は彼の著作だ。

    親父は多分、ほとんど読んでない。

     

     ー 夢か、或は神の啓示か? −

     

    そもそも夢は辻褄が合わない。

    でも昨日の夢は、かなりの衝撃を僕に与えた。

     

    僕は或るバンドの、曲作りの場に偶然居合わせる。

    そのバンドは、誰でも知っている有名なバンドと云う設定

    なんだけど、現実のバンドではない。

    彼らの音は確かに、ブリティシュだった。

     

    リーダーの男(30代前半)が、メンバーと僕を大きな講堂

    に集めた。彼は秘蔵の曲を僕らに聴かせた。

    その音を聴いた途端、リードギターリストが歓声を上げた。

    「イヤッホー!」

    「ブラボー!」に近い「イヤッホー!」ね。

     

    骨太な曲だと思った。

    「こってりしたビーフ・シチュウ」みたいな曲。

     

    いつか講堂の壇上にいたバンドは消え、客席は彼らのファ

    ンで一杯になった。隣の席に座った若者が僕に尋ねた。

    「あなたね、曲作りに参加したらしいね」

    「うん」

    「じゃあ、あんたはバンドの全貌を知ってる訳だ」

    「?」

     

    そこで目が覚めた。

    僕は或る曲を口ずさんでいた。

    「そうか、こんなメロディを作れと云うことか」

     

    人生の、折々の場面で、心に引っ掛かったメロディ。

    そんなメロディたちが呼んでる。

    それにしても、アメリカンではなく、ブリティシュなのが

    面白いね。

     

    なぜブリティシュ?

    理由は分かっている。

    今さら書かないが。

     

    せっかくなので、作ってみようと思う。

    メロディはだいたい出来ている。

    物語の方向も分かっている。

     

    あとは、明治の日本人を知ること。

    明治の日本人は、徳川の時代に生まれている。

     

    勝海舟、福沢諭吉、小栗上野介、坂本龍馬、

    西郷隆盛、大久保利通、西園寺公望。

     

    北陸ローカルな曲。

    それでいい。

    それ以上は出来ない。

     

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:49 | comments(0) | - | - | - |